目次

【目次】 [1]昨秋は中国大会に出場。今夏は甲子園での勝利を目指す!
[2]相手を圧倒できる体作りをしたい!/変化を恐れず、自分自身で考えることで目標達成を!

昨秋は中国大会に出場。今夏は甲子園での勝利を目指す!


■春夏通算で5度の甲子園出場を誇る強豪校

 山口県岩国市にある山口県立岩国商業高等学校は、1918年に岩国実業補修学校として岩国小学校に併設される形で創立。その後、幾度かの校名変更や統合・独立を経て、53年に現校名となる。現在、全日制では国際情報科と総合ビジネス科が設置されており、「誠実」の校訓のもと約350名の生徒が学んでいる。

 部活動では女子卓球部や女子ソフトテニス部が県の強化指定校になるなど実力は折り紙つき。文化系の簿記・計算部、ワープロ部、情報処理部も全国大会に出場している。野球部はこれまでに春1回、夏4回の甲子園出場を果たしており、68年夏には16強に進出。昨秋は山口大会で3位となり、中国大会に出場した。

■岩国商野球部の紹介

  野球部は2年生24名、1年生21名の計45名。公立校ではあるが野球部専用の練習スペースもある。水野 秀都学生コーチによると、今季のチームの特長は「本気の声かけ」で、このオフシーズンも「年末、5日間にわたるランメニューを行いましたが、走り終わった選手も仲間が走っている時はすぐに本気の声かけをしていました」と、しっかりと実践している。

■新チームがスタートしてから最も印象に残っている試合は?

 秋季山口大会(決勝大会)の準々決勝で下関国際と対戦した岩国商。「1対1の同点で迎えた延長13回に、タイムリーと相手のミスで得点を挙げて勝利。結果だけでなく、ベンチのムードでも相手を上回ることができていたので、今までに感じたことがないような嬉しさがこみ上げてきました」と、水野学生コーチ。昨夏の甲子園で8強の強豪をタイブレークの末に破り、中国大会出場へつなげた見事な勝利だった。

■新チームで活躍した選手は?

 水野学生コーチが「試合に限らず、チームの目標に向かっていくうえで大事な存在」として名前を挙げたのは安本 健人、森國 成也、弘岡 渉、下瀬 成紀、大西 伶仁、運天 先弥、河本 陸大、横田 凌、坂井 大空、田中 秀典、壹岐 洸太、友永 武侍、竹田 観葵、山本 裕介の14名。

 なかでも「田中は仲間に対して本音で言い合える選手。チームを引っ張っていく存在であり、チームを変えてくれる存在でもあります。試合でも豪快なプレーを見せてくれるので期待できます」と話している。

■この冬の意気込み!

 「ただメニューをこなすだけでなく、周りを見て、できていな選手がいたら指摘しあうことで、このオフシーズンのつらい練習をしっかりと乗り越えていきたい」と水野学生コーチ。さらに「体格で相手を圧倒できるような体作りをしていきたい」と意気込んでいる。そして、目標は、新チーム結成時から変わらず「甲子園で勝つ」ことだ。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。