第53回 西日本短大付(福岡)「目指すは10回戦って10回勝つチーム!」2019年02月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]10試合やって10回勝つチームで甲子園へ
[2]チームワークならどこにも負けない
[3]自分を信じて努力してほしい

10試合やって10回勝つチームで甲子園へ



チームメイトのために精一杯腕を振るバッティングピッチャー

■1992年には全国制覇も経験の名門!

 福岡県八女市にある西日本短大附は1962年に創設された私立高校。新庄剛志(元日本ハムなど)や小野 郁(楽天)など多くのプロ野球選手を輩出する野球の強豪校として知られている。甲子園には春1回、夏5回の出場経験があり、1992年夏には森尾和貴の力投で全国制覇を成し遂げた。

 最後に甲子園に出場したのは2010年夏。秋は福岡大会準々決勝で九州国際大付に1対2で惜しくも敗れた。冬のトレーニングで力を付けて名門復活を誓う。

■西日本短大付野球部の紹介

 現在は2年生21名、1年生28名で活動している。今年のチームのウリを「チームワーク、守備力、勢いに乗ると止まらない打線」と紹介してくれた近藤 大樹主将。甲子園で勝つことを目標にトレーニングを重ねている。「全員でコーチの息子の誕生日プレゼントを近くのショッピングモールへ買いに行ったこと」を思い出深いエピソードに挙げるなどチームワークは抜群だ。

■新チームで活躍した選手は?

 近藤は新チームがスタートしてから活躍した選手に神宮 隆太(2年)と山下 大輔(2年)の名前を挙げる。神宮は神村学園戦で2本塁打、山下は九州国際大付戦を自責点1で完投と強豪校相手での活躍が目立った。
 荒木克慶と川本勇次は人が笑わせるのが得意なチームのムードメーカー。この2人に近藤は「がむしゃらなプレーで、チームが苦しい状況でも勝利の為に貢献してくれると思います」と期待を寄せている。

■この冬の意気込み!

 この冬は「10回戦えば10回勝つチーム」を目指して練習に取り組んでいる。「みんなで上のレベルに行って10試合やって10回勝つチームにしたい。西村(慎太郎)先生を甲子園に連れて行きます。監督はベンチに座っているだけで自分たちで考えて勝つ野球を作ります」と宣言した近藤。恩師を甲子園に連れて行くために強いチームを作り上げていく。

このページのトップへ

【次のページ】 チームワークならどこにも負けない

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第947回 群雄割拠だった福岡大会を総括!それでもやっぱり筑陽学園は強かった【大会展望・総括コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第95回 慶應大学編「スマートで力強い『陸の王者』のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第895回 九州大会総括 攻守で盤石の強さを見せた西日本短大附【大会展望・総括コラム】
第935回 大切なことは「やり方」よりも心の「在り方」 近藤大樹(西日本短大附)vol.3 【2019年インタビュー】
第930回 人間力と長打力を愚直磨いた「昭和の男」 神宮隆太(西日本短大附) 【2019年インタビュー】
第925回 「近藤の力が絶対必要です」最上級生を魅了した人間力 近藤大樹(西日本短大附)vol.2 【2019年インタビュー】
第922回 名将も認める「稀に見るキャプテン」 近藤大樹(西日本短大附)vol.1 【2019年インタビュー】
第87回 高いレベルで新旧の勢力が入り乱れ、群雄割拠状態が続く【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
福工大城東vs西日本短大付【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡南部大会】
西日本短大付vs祐誠【福岡県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球福岡南部大会】
福岡工大城東vs西日本短大付【福岡県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球福岡大会】
新潟明訓(新潟)vs西日本短大付(福岡)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
西日本短大付(福岡)vs日川(山梨)【2010年夏の大会 第92回全国高校野球選手権大会】
近藤 大樹(西日本短大附) 【選手名鑑】
神宮 隆太(西日本短大附) 【選手名鑑】
山下 大輔(西日本短大附) 【選手名鑑】
西日本短大附 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム