第46回 津久見(大分)「力強さを身に付けて、打ち勝つ野球を実現する!」2019年02月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]秋ベスト4!大分県の21世枠推薦校に選出された津久見!
[2]副将とマネージャーから見えた課題
[3]破壊力を身に付けて聖地まで突っ走る!

秋ベスト4!大分県の21世枠推薦校に選出された津久見!



パートナーに足を持ってもらい、腕立てで筋力強化!

■春夏両方の優勝実績を持つ名門校

 大分県津久見市にある大分県立津久見高等学校。1939年に創立された旧・津久見と、臼杵商、海洋科学の3校が統合される形で、2012年に新・津久見として設立された背景を持つ。旧・津久見時代は普通科と工業系の機械科、電気科を設置していたが、臼杵商と統合したことにより、商業系の学科も加わった5学科が設置されている。旧・津久見時代の1967年春、1972年夏に全国制覇を果たした野球部は学校を象徴する存在だ。

■野球部の紹介

 現在2年生18名、1年生26名、マネージャー3名の計47名が在籍。野球部専用のグラウンドを有しているだけでなく、ティー打撃や投球練習が行えるビニールハウス、ウエイトルームも併設されており。練習環境は充実している。春夏連続で県8強入りを果たした旧チームに続き、昨秋は県4強まで勝ち進んだ。この実績を高く評価され、大分県の21世紀枠推薦校に選出。惜しくも九州地区推薦まで残ることはできなかったが、名門復活の1歩を刻む秋となった。新生・津久見として、1988年夏以来の聖地を目指す。

■秋季大会を振り返って

 河室聖司監督が発した「秋は優勝しようや!」のゲキから、「練習試合を含めて、すべての試合に勝つ」という目標を掲げて新チームがスタート。高いモチベーションを保ちながら練習、試合を重ねた成果が実り、は県4強まで勝ち進む。この結果を受け。近藤龍美主将も「秋を戦い終えて、『甲子園が狙える』と思えるようになりました」と手応えを口にする。この冬は相馬豊樹部長考案のサーキットトレーニングなど、心身ともに追い込むメニューで力を蓄え、夏の復活出場に照準を定めている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?

 近藤主将が推薦してくれたのは、伊藤海吏、岡部優四朗、柴田享兵の3選手。「伊藤は副主将としてベンチを盛り上げてくれるだけでなく、打席でも粘って逆方向に鋭い打球を打ってくれます。岡部は1年生ながら、チャンスでも長打が打てる打線の主軸です。彼の打撃で大量得点に繋がることも少なくありませんでした。

 伊藤、岡部は守備範囲の広い外野手としてもチームに貢献してくれています。柴田はエースとして、失点を許してもしっかりと耐えて試合を作ってくれます。彼が作った守備のリズムのおかげで、攻撃でもいい流れを作ることができました」と、愛情たっぷりに理由を説明してくれた。

■この冬の意気込み!

 「秋にひとつ結果を残すことができ、チームとしても自信を持つことができました。しかし、この結果に満足して、冬を疎かにしてしまったら、夏どころか春すら勝てなくなると思っています。選手層を厚くするためにも、チーム内の競争も激しいものにしていきたいです」と語ってくれた近藤主将。自信と課題を得た秋を糧に、春以降の飛躍を目指している。

このページのトップへ

【次のページ】 副将とマネージャーから見えた課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第852回 明豊、大分の2トップに追いつけ!激戦が予想される九州予選大分大会の見所!【大会展望・総括コラム】
第91回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第36回 柳ヶ浦、明豊などが台頭して新時代到来となり大分商など古豪は…(大分)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第316回 【大分展望】今大会の軸となるのは大分、明豊、情報科学か?!夏にピークを迎えられる学校は?【大会展望・総括コラム】
津久見 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム