第44回 若狭(福井)「昨夏は決勝戦で敗退。あと一歩を乗り越え聖地に飛び込めるチームに!」2019年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]夏は決勝、秋は3位決定戦で敗退 その悔しさをばねに
[2]1人1人の向上心の強さがチームのウリ!/1点差ゲームをモノにするチームになってほしい!

1人1人の向上心の強さがチームのウリ!



山崎 龍憲選手

  ここからは若狭高校の小堂 莉玖投手、山崎 龍慶両副主将に話を伺いました!

Q.秋季大会などを経て、見つけた課題を教えてください

 小堂:投手力、長打力です!
 山崎:チームとしての実力。打撃力、守備力、投手力、走塁。すべてにおいて実力不足でした。

Q.このオフシーズンの目標、強化したいことを教えてください

 小堂:下半身と背筋の強化です!
 山崎:目標は体重増加、筋力、守備力の強化です!

Q.応援する方々へアピールしたいセールスポイントは?

 小堂:球威ある直球です!
 山崎:守備です!

Q.チームの好きなところや、他のチームに負けていないところはどこですか?

 小堂:粘り強さ、練習の質です。
 山崎:1人1人のキャラが立っています。笑いのセンスもありますし、ノックなどの守備練習の時の盛り上がりです!そしてチーム力、1人一人の向上心が強いと思います!

Q.このオフシーズン、「自分はここまで成長するぞ!」という熱い意気込みをお願いします!

 小堂:150キロを出せるようにすること!コントロールも磨きます!
 山崎:秋、2回も負けたという悔しさをばねにとことんやります!夏に向けてやるしかない!

 小堂選手、山崎選手、ありがとうございました!

1点差ゲームをモノにするチームになってほしい!



選手とマネージャー全員で撮影した若狭高校野球部

  荒木康監督に伺いました!

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どんなテーマを持ってチームを作り上げてきましたでしょうか。 秋の大会の振り返りならびに、冬でのテーマも教えていただけたら幸いです。

 冬のテーマは体づくり、打力アップを中心に総合力を上げたいです!

Q. 厳しい冬の練習に挑んでいる選手たちにメッセージをお願いします!

 、決勝で負けた悔しさ、3位決定戦で負けた悔しさ、今年の夏は力で1点差ゲームをモノにするチームになってほしい!必ずいくぞ甲子園!!

 荒木監督。そして、若狭高校野球部の皆様ありがとうございました!

 

このページのトップへ

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
第645回 脱玉村と部員確保 夏準優勝・丹生(福井)におかれた課題 【後編】【野球部訪問】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第645回 強豪校をはねのけ創部初の準優勝・丹生(福井) 快進撃の種火【前編】【野球部訪問】
第67回 「自分で考える子」 恩師が語る吉田正尚(敦賀気比-青山学院大-オリックスバファローズ)への想い【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
第1054回 無名の高校だからこそじっくり成長できた 玉村昇悟(丹生)【前編】 【2019年インタビュー】
第1052回 奥川恭伸に刺激を受けた木下元秀(敦賀気比) 高校野球で残した後悔をプロの世界で晴らす! 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
小林 久也(若狭) 【選手名鑑】
啓新 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
若狭 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム