第44回 若狭(福井)「昨夏は決勝戦で敗退。あと一歩を乗り越え聖地に飛び込めるチームに!」2019年02月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
【フォトギャラリーはこちらから!】
[1]夏は決勝、秋は3位決定戦で敗退 その悔しさをばねに
[2]1人1人の向上心の強さがチームのウリ!/1点差ゲームをモノにするチームになってほしい!

夏は決勝、秋は3位決定戦で敗退 その悔しさをばねに



グラウンドの横にある土手をダッシュ!

■過去に10回の甲子園出場がある若狭

 福井県小浜市に所在する若狭高校は、明治30年(1897年)にできた福井県小浜尋常中学校を前身とし、昭和23年(1948年)に福井県立小浜高等学校となり、そして翌昭和24年(1949年)に現校名となった。春夏合わせて10回の甲子園出場歴があり、OBには1985年の阪神の日本一に貢献し、代打の切り札として活躍した川藤 幸三さんがいる。昨夏は決勝戦まで勝ち上がり、敦賀気比と最後まで競り合いを演じ、この春、夏も躍進に期待がかかる。

■今年の若狭の環境は?

 現在、30名で活動する若狭野球部。グラウンドとは別に、雨や雪でも練習できる室内練習場がある。今年のウリについて、
・つながりのある打線
・積極的な走塁を交えた攻撃
・堅実な守備
 の3つを挙げる。

■昨秋は3位決定戦で悔しい敗退

 昨夏の主力で正捕手として活躍する小林 久也捕手は「前チームは福井大会で準優勝という結果を残したので、そんな先輩方を超えようということで、『甲子園出場』というシンプルかつ現実味を感じられるテーマを設定しました」
 そんな今年のチームも県大会準決勝進出。準決勝に敗れ、3位決定戦で選抜出場を決めた啓新と対戦。まず雨天ノーゲームで再試合となり、再試合では延長戦までもつれたが、サヨナラ負けを喫した。小林主将は「自分自身のミスが負けにつながり、とても悔しかったです」と唇をかんだ。



チームをまとめる主将・小林 久也捕手

■タレントぞろいの若狭ナイン

 そんな今年の若狭は昨夏からの主力選手が多い。小林主将は昨夏まで1番センターとして活躍。昨夏の決勝戦では9回表に同点打を放った左の好打者。均整が取れた構えからインサイドアウトのスイングで鋭い打球を飛ばす。ちなみに練習試合でホームランを放った小林主将は「余韻に浸りながら回っていたら、いつの間にか、前のランナーを追い抜いてしまい、アウトになってしまいました(苦笑)」と頭をかく。

 それでも攻守の中心として欠かせない存在に。他では制球力が高く、精度が高いピッチングと勝負強い打撃が光る川嶋 成、1年生ながらレギュラーを獲得し、小柄ながらミート力が高い打撃と堅実な守備が光る一瀬 陽、球威ある直球と長打力が光る武器のライト・小堂莉玖と多くの好選手がいる。その中で小林主将が推すのは川嶋だ。

 「高い野球センスがありますし、特に投手としてのコントロールは全国区で見ても素晴らしい」と捕手目線から絶賛する。エースに期待することについて小林主将は「この冬はさらに投手として磨きをかければ、強豪校ともに十分に渡り合える投手になれると思うので、どの試合でもきっちり試合を作ってくれることを期待していますし、すると思います」と全国区の投手となるのか、注目である。

■自分にとって身になる練習を!

 そしてオフシーズンのテーマは「オフだからこそできること」。ウエイトトレーニング、ダッシュ系のメニューはもちろん、ゴロ捕球、打撃のインサイドアウト、送球のフォームなど基礎的な練習を徹底的に積み重ねている。また小浜市にある階段ダッシュ、浜ダッシュを行い、下半身の強化・メンタル強化にも努めている。

 そして小林主将はこういう思いでこのオフに臨んでいる。
 「夏勝ち抜こうと思ったらこの冬は頑張るしかない。この時期は個人に任される練習が多いので、1人1人が高い意識をもって妥協することなく、1つ1つのメニューをこなしていけるようにしたい。ただしんどい練習ではなく、常に目的意識をもって「身になる」練習にしたいです!

このページのトップへ

【次のページ】 1人1人の向上心の強さがチームのウリ!/1点差ゲームをモノにするチームになってほしい!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1172回 なぜ吉田正尚(オリックス)は強打と高コンタクトを両立できるのか?【後編】 【2020年インタビュー】
第1172回 NPBを代表するスラッガー・吉田正尚(オリックス)が実践する不調時の修正法と一流投手への対応策【前編】 【2020年インタビュー】
第16回 甲子園春夏通算16回出場を誇る敦賀気比の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1069回 高校ラストイヤーは「勝てる投手」を目指して3年連続の甲子園へ 笠島尚樹(敦賀気比)【後編】 【2019年インタビュー】
第1067回 ほろ苦い甲子園デビューから1年・・・2年生エースへと成長を遂げた笠島尚樹(敦賀気比)【前編】 【2019年インタビュー】
第1055回 軽く投げる感覚を掴んだからこそ厳しい夏の大会を投げ抜けた 玉村昇悟(丹生)【後編】 【2019年インタビュー】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
敦賀気比vs富島【第101回全国高等学校野球選手権大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
小林 久也(若狭) 【選手名鑑】
啓新 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】
若狭 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム