第34回 津田(香川)「不撓不屈の精神で最後まで全力で夏を戦い抜く!」2019年02月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]不撓不屈の精神で戦い抜く!
[2]野球を楽しめるのが最大の武器/劣勢を跳ね返せるチームを目指そう!

不撓不屈の精神で戦い抜く!



タイヤを引っ張ってトレーニング中

■校舎内に鐘が建てられている

 香川県さぬき市津田町にある、香川県立津田高校は昭和4年に創立した歴史ある学校。そんな津田高校の象徴として、昭和29年に創立25周年記念事業としてコンコルディアの鐘と呼ばれる鐘が建てられている。

■津田野球部の紹介

 現在2年生9名、1年生10名の計19名が在籍する津田。甲子園を目標に、声と打力を武器にしてライバルと戦っている。オフシーズンは下半身と体幹の強化をテーマに掲げ、グラウンドの南にある雨滝山を1周するロードワークや寒い日に海に出かけて練習するなど、様々な工夫をして春に備えている。

■秋季大会を振り返って

 主将でサードを守る藤田仁一郎は、初戦の藤井学園寒川戦を挙げる。
 「8回裏10対1から6点を奪った時、諦めないことの大切さと、あそこで追いつけないことの甘さを実感したので、思い出深く印象に残っています。」と語る。

 強い意志をもってどんな苦労や困難にもくじけない不撓不屈という言葉をテーマに掲げてスタートした津田の姿を体現したからこそ印象に残っているのだろう。

■新チームを引っ張ってきた選手は?

 この秋まで藤田主将と共にチームを牽引したのがサンドゥ・シャーン選手。
 藤田主将はチームの士気を上げ、試合では2番打者として自身の役割を果たしてチームを引っ張ったが、サンドゥ選手は140キロ近い速球と気迫あふれる投球でチームを鼓舞し、打撃では長打を武器に3番打者として中軸を担った。そんなサンドゥ選手に、春先にはさらにスピードアップしたボールで相手を圧倒してほしい、と藤田主将は期待を込めた。

 また三好太陽選手と兒島幸矢選手にも春・夏の活躍してくれることを藤田主将は期待している。

■この冬の意気込み!

 「2年生は最後のオフシーズンでしっかり追い込んで筋肉の貯金をすること。1年生はしっかり土台を作ることを意識してやりたい」と力強く語る。
 冬に作った土台で津田高校がどれだけ春に活躍するのか、楽しみである。

このページのトップへ

【次のページ】 野球を楽しめるのが最大の武器/劣勢を跳ね返せるチームを目指そう!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
津田学園vs中京大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
津田学園vs御殿場西【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
津田学園vs大垣日大【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
第791回 「混戦・香川」を制するのは誰だ!【大会展望・総括コラム】
船橋東vs津田沼【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
津田学園vs相模原【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第366回 手負いの高松商、春夏連続甲子園へ黄色信号 県内高校野球ブームの中、大混戦の夏来る!【香川抽選会後 展望・後編】【大会展望・総括コラム】
第196回 【第97回香川大会展望】強豪ブロックに立ち向かう秋春四国王者・英明 ノーシード勢にもチャンスあり【大会展望・総括コラム】
第53回 県立津田高等学校(香川)【僕らの熱い夏2013】
津田 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム