目次

【目次】 [1]秋の県大会で初優勝!粘りの野球を実践
[2]つながったら止まらない打線が最大のウリ!

秋の県大会で初優勝!粘りの野球を実践



体育館で練習する秋田修英野球部の選手たち

■昨秋は県大会初優勝!

 秋田県の大仙市に所在する・秋田修英高等学校。昭和22年10月(1947年)に、杉沢洋裁研究所として開設され、昭和35年4月(1960年)に男女共学制となり、平成2年(1990年)に現校名となった。

 野球部は秋田経法大附(現明桜)を8度甲子園に導いた鈴木 寿宝監督の指揮の下、着々と強化。昨秋は創立して初めての県大会優勝を収め、東北大会に出場、さらにベスト8進出を決めた。

■秋田修英の環境は?

 現在33名で活動する秋田修英。校舎から少し離れた大仙市営大曲球場で練習している。今年のチームのウリについて亀卦川 祥太主将は
・どんな状況でも明るい
・打線に切れ目がない
・守備が安定している
 の3つをあげてくれた。

■「1回も負けない」を県大会で実践!

 昨秋は「1回も負けない」というテーマでスタートした秋田修英。地区予選では全勝で県大会出場を決め、ポイントになったのは県大会初戦の秋田中央戦では延長13回まで戦い、サヨナラ勝ち。亀卦川主将は「粘り強さを発揮できた」と振り返り、この勝利で勢いに乗った秋田修英は勢いに乗り、県大会優勝を果たした。

 そんな秋田修英の注目選手はエースで活躍した西岡 海斗、1番ファーストの菅 凛汰。亀卦川主将は「西岡はエースとして圧巻のピッチングを見せてくれました。また菅は高い出塁率で得点源となってくれました」と語る。春、夏へ向けてのキーマンとして亀卦川主将は4番ライト・工藤 音弥、1年生ながら3番ライトで出場する渡邉 大輝を挙げ、さらに2番・佐々木大起について「足が速く、これからは盗塁を多くしてチャンスを広げてほしい!」と要望している。

■すべてにおいて他を上回りたい!

 このオフは「すべてにおいて他を上回り、春、夏を優勝したい」と意気込む亀卦川主将。ダッシュの前にスクワットなどトレーニングを入れる補強ダッシュ100本という名物メニューをこなす秋田修英ナイン。最後に亀卦川主将はこう宣言した。
 「一人ひとりが成長し、他チームに負けないくらい練習を積み重ねていきたい」
 初の甲子園出場を目指し、どこも寄せ付けないぐらいのレベルアップを果たす。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。