第23回 小林西(宮崎)「小林の地から甲子園へ 全ての行動に『1』を意識!」2019年02月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]一歩目を大事に九州大会出場
[2]バッテリーが語るチームの課題
[3]小林の地から甲子園に行くためには何が必要か

一歩目を大事に九州大会出場



小林西高校野球部 集合写真

■榎田大樹を輩出した小林西!

 多くの果物が特産品で知られる宮崎県小林市が誇る私立として、長く慕われているのが小林西だ。2018年、11勝を挙げリーグ優勝に貢献した埼玉西武の榎田 大樹投手がOBだ。昨秋は県大会決勝まで勝ち進み、準優勝。九州大会でも優勝した筑陽学園に0対1の好勝負を演じた。

■小林西の活動内容

 1年生21名 、2年生14名と35名で活動する。学校から二キロくらい離れたところに専用のグラウンドがあり、浦林 祐佑主将は「先輩方から受け継いできたグラウンドなので、いつも感謝の気持ちを持って使用しています」と語る。

 今年は礼儀・打撃力・個性の3つがウリだという。

■快進撃を続け、九州大会出場!

 今年は 「一(いち)」を大切にする。グラウンド内での一歩目、バッティングの一球目、守備の最初の捕殺などを大事にした小林西は順調に勝ち進み、九州大会出場を決めた準決勝では喜びを表し、全員で喜びを分かち合ったが、九州大会では筑陽学園に完封負け。浦林主将はこう振り返った。 

 「9回に二つのエラーでサヨナラ負けをしましたが、自分たちにとって野球の難しさを再認識した試合となりました」 

 それでも九州大会まで勝ち進めたことは大きな自信になった。今年の小林西の主力選手を紹介すると、エース・鶴田 幸多郎、1番ショートの浦林 祐佑の2人。鶴田は九州大会で、ピンチの場面を何度も切り抜け、優勝した筑陽学園に対して自責点ゼロという数字を残し、浦林主将は九州大会宮崎県予選の準々決勝で、コールドを決める一打、準決勝ではサヨナラの一打を放ち、九州大会出場の原動力となった。

 またキーマンではレフト・竹之内 涼、サード・石川 零也の名を挙げ、チームのピカイチとして、4番川端 涼太の名を挙げた。打球を遠くに飛ばす力に長けており、「春・夏の大会で、ホームランを打ってほしいと思います」と期待を込める。

このページのトップへ

【次のページ】 バッテリーが語るチームの課題

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第908回 向上心の中に垣間見える謙虚さが魅力 藤田和揮(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第556回 6年間の集大成を全国の舞台で!甲子園優勝へ突き進む札幌大谷(北海道)【後編】【野球部訪問】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第551回 慢心なき九州王者・筑陽学園(福岡)が危機感を持って駆け抜けた秋【野球部訪問】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第547回 常識を打ち破って上り詰めた頂点!創部10年で神宮大会を制した札幌大谷(北海道)【前編】【野球部訪問】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs筑陽学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
延岡学園vs筑陽学園【2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会】
富島vs小林西【宮崎県 2015年夏の大会 第97回選手権宮崎大会】
祐誠vs筑陽学園【福岡県 2015年夏の大会 第97回選手権福岡大会】
榎田 大樹(小林西) 【選手名鑑】
小林西 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム