第25回 専大北上(岩手)「岩手のライバル撃破へ 技術・取り組み・私生活を大事に!」2019年02月02日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]投内連携を鍛え、東北大会出場につなげる
[2]すべてにおいて鍛え直す!
[3]苦しさを乗り越えて初めて本物の自信がつく!

投内連携を鍛え、東北大会出場につなげる



トレーニングに打ち込む専大北上の選手たち

■去年は剛腕・佐々木朗希を攻略して、東北大会出場!

 昭和22年4月、専大北上の母体となる岩手洋裁専門学院創設が創設され、その後、黒沢尻女子高、北上商業高を経て、昭和37年(1962年)7月に現校名となった。東京ヤクルトのスラッガー・畠山和洋選手の出身校で、春夏通じて甲子園には6回甲子園出場した。

 2017年3月から元中日・巨人の捕手として活躍した中尾孝義監督が就任し、着実に強くなっていった専大北上は昨秋の3位決定戦で最速157キロ右腕・佐々木 朗希を攻略し、秋季東北大会進出。ベスト8まで勝ち進んだ。

■専大北上の3つのウリ!

 現在は1、2年生合わせて56名で活動する専大北上。野球部専用のグラウンド、室内練習場と恵まれた環境の中、日々、練習に励んでいる。そんな今年の専大北上のウリについて、正捕手で主将の川村真生選手は「全力疾走、応援、整理整頓」と答える。

■密度の濃い練習内容でチーム強化

 新チームでは東北大会ベスト4、夏のリベンジをテーマにスタートした専大北上ナイン。ただ守備、連携など分からない状況で、試合前に投内連携を行い、試合後にも投内連携、打撃練習ではテーマ性を持って行ったことが試合で生きていく。

 秋は順調に勝ち進み、秋季東北大会初戦では秋田商戦に勝利。目標とするベスト4まであと一歩まで迫ったが、準々決勝の八戸学院光星戦では2対9で敗れた。川村主将は「東北ナンバーワンの実力を見せつけられました。実際に甲子園に出場しているので、自分たちの目標が明確になり、練習に取り組む意識が変わりました」と振り返る。

 盛岡大附花巻東大船渡に負けないチームになるために内容の濃い1日を過ごしている。

■東北大会出場の原動力となった選手

 そんな今年の専大北上の注目選手を紹介すると、エースとして試合を作り、多くの勝利に貢献した左腕・須藤優輝、ファインプレーや試合の流れを変える一打を見せた3番レフト・小野堅蔵、4番打者として東北大会7打数6安打の活躍を見せた鈴木健太に注目。

 特に須藤について川村主将は「身長を生かした角度のあるストレートで攻撃に勢いをつけてくれました。今はコントロールを磨いているので、ストライク、ボールを自在に操り、チームに勢いをつけるピッチングに期待しています」と期待を寄せた。

■自主・自立をテーマに進化

 このオフは自主、自立、体づくりをテーマにする。
 「自主性を大切に自立すること、自分たちで考えて行動することです」と語る川村主将。その中で13キロロード、サーキットトレーニングでチーム力向上を図っている。そして最後に川村主将はこう宣言している。

 「2年生は負けないチームを作るために毎日の練習を大事にします。1年生は体格負けをしないよう、筋力トレーニングに励んでください。さらにレギュラーを取るために自主・自立を心掛け、個々のレベルを上げていきましょう!」

 ライバルに負けないチームに変貌するのか、注目だ。

このページのトップへ

【次のページ】 すべてにおいて鍛え直す!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第201回 佐々木、及川の実力は?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【東日本編】【ドラフト特集コラム】
龍谷大平安vs盛岡大附【第91回選抜高等学校野球大会】
盛岡大附vs石岡一【第91回選抜高等学校野球大会】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第193回 2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと【ドラフト特集コラム】
八戸学院光星vs盛岡大附【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
盛岡大附vs古川【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第635回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)夏・甲子園連覇と夢実現へ。常に高い目線で【後編】 【2018年インタビュー】
第634回 野村佑希(花咲徳栄2年・外野手&投手)長所を開花させた1年冬の練習【前編】 【2018年インタビュー】
第588回 比嘉 賢伸(盛岡大附)「心が変われば、誰でも進化出来る」 【2017年インタビュー】
第587回 植田 拓(盛岡大附)「モリフメソッド+右手の押し込みで高校通算60本塁打超!」 【2017年インタビュー】
秋田商 【高校別データ】
大船渡 【高校別データ】
専大北上 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
盛岡大附 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム