目次

【目次】 [1]九州大会ベスト4!初の選抜出場に期待がかかる日章学園
[2]高打率の打者、超俊足の選手がぞろぞろいる日章学園ナイン
[3]1日1日、魂を込めて本気で取り組め

九州大会ベスト4!初の選抜出場に期待がかかる日章学園


■宮崎市が誇る名門・日章学園。野球問わず幾多のアスリートを輩出

 宮崎市に所在する日章学園高等学校。昭和25年に開校された日章学園は部活動が充実しており、ゴルフ部は強豪。OGには美人ゴルファーとして活躍する香妻 琴乃選手がいる。特にサッカー部は全国的な強豪として名をはせ、今年開催された第97回全国高校サッカー選手権大会に出場している。

 野球部に目を移すと、当時から強豪校として注目され、初めてのプロ野球選手は石淵国博氏(元広島)だった。石淵氏は宮崎で行われた招待試合で作新学院の剛腕・江川 卓(元巨人)からホームランを放った選手として知られている。2002年にはヤクルトに進んだ速球派右腕・片山文男、スラッガー・瀬間仲ノルベルト(元中日)の投打の柱が活躍を見せて甲子園初出場を果たす。初戦で敗れたものの、瀬間仲ノルベルトがライト中段に飛び込むホームランを放ち、大きな印象を残した。近年では東北楽天のホープ・山崎剛選手を輩出している。

 また日章学園中学も軟式野球部の強化をはじめ、2016年の全日本少年軟式野球大会でベスト8入り。その中心選手が日章学園に進み、主力選手となった彼らが九州大会ベスト4入りし、初の選抜出場に大きく近づいている。そんな日章学園に迫る。

■今年は熊本合宿で日本一の石段を上る!

 野球部は45名で活動。専用グラウンドはあるが、雨が降って使えないときは高鍋町にある室内練習場で練習をしている。今年はつながる打線、どの打順からでもチャンスを作れ、エラーが少ない守備がウリの日章学園。熊本合宿では日本一の石段(3333段)として知られる釈迦院御坂遊歩道(しゃかいんみさかゆうほどう)や山でダッシュ、クロスカントリーコースを走って鍛えている。

■九州大会準決勝は深い試合

 昨夏は決勝まで進みながらあと一歩で敗れた日章学園。前田晴世選手は「目の前で甲子園出場を逃し、とても悔しい戦いとなりました。そこから二度と同じようなことをしないという思いでスタートしました」と振り返る。福山 凜主将はこのチームの強みについてこう語る。
 「個性が強い人が多い中でもここぞという場面で1つになれるチームワークの強さがあると思います」

 秋からチームワークの良さを発揮し、県大会でも盤石の強さで優勝。九州大会でもベスト4まで勝ち進んだ。その中で前田選手が印象深い試合と挙げたのが九州大会準決勝の明豊戦だ。6回表まで0対10とコールド負けムード。このまま負ければ選抜の可能性も厳しくなる試合内容だったが、そこから巻き返して4対10までもっていき、最後まで戦い抜いた。前田選手や日章学園ナインにとっては思い出深い試合となった。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。