第9回 秋季大会準優勝!オリジナルの守備で聖地を目指す!平田高校(島根)2019年01月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]平田高校の武器はオリジナルの守備!
[2]チームで戦う一体感が強み
[3]全員でつなぐ野球を目指す!

平田高校の武器はオリジナルの守備!



出雲大社での集合写真

■平田の歴史

 秋季島根県大会準優勝を果たした島根県立平田高等学校。1916年に設立された前身の平田農高校時代から合わせて創立102年の伝統がある学校だ。

 放送部が全国大会出場の経験を持つなど、部活動が盛んな平田高校の野球部は、昨秋の成績と子供たち向けに開催している野球教室が評価され、中国地区の21世紀枠の推薦校に選出されている。
 初の甲子園がかかっている平田高校はどんな冬をすごしているのか、迫ります。

■平田の練習環境と名物メニューは?

 現在は1年生が15名、2年生が8名、そして夏に引退した3年生8名の計36名の平田高校。他の部活と校庭を併用しているため、限られた環境を最大限に使った効率的な練習をしているが、オフシーズンには平田レーダー基地まで往復20キロのランニングに行く。
 坂道が5キロ続くところもあり、このランニングを通じて根性や忍耐力といったメンタル面を鍛えている。

■今年のチームのウリは?

 新チーム結成時、「中国大会で2勝する」ことをテーマに掲げスタート。昨秋は、
・走塁と打撃の連携
・攻めの守備
・継投できる投手陣の厚み
の3つの武器で大会に臨むと、秋の島根県大会で準優勝の成績を残して中国大会に進出した。

 キャッチャーで主将の植田航選手の胸の中に残っている試合は、中国大会での広島代表・崇徳高校との一戦だった。
「他県のチームとの力の差を知ることができ、その後の練習により一層熱が入った」からだと語る。

 平田高校は中国大会で2勝することをテーマに新チームが始まった。彼らにとって中国大会出場は通過点であり、ゴールではない。

 秋の敗戦を糧に、現在は平田高校オリジナルの攻めの守備、走塁とバッティングの連携を実戦練習で強化している。特に年末の強化合宿をチーム全員で助け合いながら乗り越えたのは、植田選手の胸に深く刻まれた。

■平田高校の注目選手

 平田高校の島根県準Vに貢献したのが、1年生の古川雅也選手だ。抜群のコントロールで、チームのピンチを救い続けた。この古川が新チームになってから活躍し続けてくれたと植田主将は語る。

 しかし春以降は2人の選手の台頭に期待をしていた。その選手とは、2年生の錦織 圭伍選手と1年生の髙橋 大樹選手だった。
 特に高橋選手に関しては肩が強く、これからチームの中心選手として勝利に導いてくれるだろう、と語っていた。

■心も体も鍛え上げ、甲子園の舞台へ!

 中国地区の21世紀推薦校に選出され、吉報を待つ平田高校の選手たち。春先に力を発揮するためにも心技体の全てを鍛え上げたいと意気込む。
 チームの目標でもある、甲子園で勝利して地域の方々と校歌を歌うためにも、平田高校の心技体を磨く冬はこれからも続いていく。

このページのトップへ

【次のページ】 チームで戦う一体感が強み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1020回 「究極の技巧派」志し 広島新庄「右エース初甲子園」へ 桑田 孝志郎(広島新庄) 【2019年インタビュー】
如水館vs崇徳【広島県 2019年春の大会 春季広島県大会】
第18回 出雲工(島根)「甲子園で校歌を!走・攻・守・投のすべての面でのパワーアップ【冬が僕らを強くする2019】
第833回 21世紀枠最終推薦校に選ばれた9校にはどんな逸材がいるのか??【大会展望・総括コラム】
第76回 広陵が独走気味になってきたが、広島新庄と如水館、瀬戸内などが追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第667回 石見智翠館の連覇で幕を閉じた春季島根県大会を徹底総括!【大会展望・総括コラム】
崇徳vs英数学館【広島県 2018年春の大会 春季広島県大会】
崇徳vs武田【広島県 2018年春の大会 春季広島県大会】
第631回 好素材がズラリ!広島大会地区別予選リーグ展望!【大会展望・総括コラム】
広島新庄vs崇徳【広島県 2011年夏の大会 第93回広島大会】
崇徳vs安芸南【広島県 2011年夏の大会 第93回広島大会】
髙橋 大樹(龍谷大平安) 【選手名鑑】
錦織 圭伍(平田) 【選手名鑑】
崇徳 【高校別データ】
平田 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム