第6回 福島商(福島)「選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える」2019年01月19日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]昨秋は東北大会に出場!夏は甲子園ベスト4入りを目指す
[2]このオフシーズンの課題は?
[3]選手一人一人が夏、春までの目標を真剣に考える

昨秋は東北大会に出場!夏は甲子園ベスト4入りを目指す



福島商ナイン

■これまでに5名のプロ野球選手も輩出

 福島県福島市にある福島商は、東北地方では1番古い商業高校という歴史がある。「信義」「全力」「不撓不屈」を校訓とし、これまでに5名のプロ野球選手も輩出した伝統校だ。
 昨年の秋は東北大会に進出し、夏の甲子園出場にも大きな期待が懸かる福島商。そんな福島商の冬の取り組みに迫った。

■福島商の環境は?今年のチームのウリは?

 1年生22名、2年生14名、合計36名で活動する福島商だが、照明を使える時間が限られている環境の中で、工夫をして練習に取り組んでいる。

 そんな今年のチームには、3つウリがある。
・打線のつながりが良い。
・守備の粘り強さ。
・自分たちで考えてプレーできる。
この3つを武器に、福島商は「甲子園ベスト4」という目標を掲げて日々練習に取り組んでいる。

■今年こそ勝つ!つもりで臨んだ東北大会

 新チームスタート時は一人一人が確実な守備と正確なバッティングができるようにすることを掲げて練習に取り組んだ。その練習の甲斐もあり、福島商は東北大会へ駒を進めることが出来たが、その中でチームにとって印象に残っている試合がある。

 その試合とは、秋季福島県大会、準々決勝の学法石川戦だ。
 この試合では先制することに成功したが、その後点数が取れずに、逆にピンチが何度もあった。相手は福島県でも強豪ということもあり、プレッシャーに押しつぶされそうにもなったが、チーム全員で粘り強く守り切って勝つことができた。この試合に勝ったことで、チーム全体での自信にも繋がり消極的なプレーも減ってきた。チームにとって最も印象に残った試合となったのだ。

■今年の福島商の注目選手

 そんな今年の福島商には2人の注目選手がいる。まず名前が挙がったのは、2年生の小林蒼空(そら)選手だ。チーム内では春、夏の大会ではキーマンになってくれるだろうという期待があり、チームメイトからの信頼を伺わせる。

 またチームの中で、身体能力の高い選手として名前が挙がったのが野田智大選手だ。野田選手は、トップバッターでセンターを守っており、走攻守すべてにわたりチームの信頼を得ている選手だ。

■オフシーズンにどれだけ成長できるかで、夏の選手権の結果が変わってくる

 「甲子園ベスト4」を目標に掲げるチームにとって、このオフシーズンは非常に大きな時間となる。このオフシーズンにどれだけ成長できるかで、夏の選手権の結果が変わってくるという意識が福島商には浸透しており、チーム全員が自分を限界まで追い込んでレベルアップしていきたいと意気込んでいる。

【次のページ】 このオフシーズンの課題は?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
都立東村山西vs二本松工【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
福島商vs堀越【2019年 練習試合(交流試合)・夏】
第28回 聖光学院(福島)【13年連続16度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第931回 聖光学院の13連覇に待ったをかけるチームは現れるか?福島県の戦歴を振り返る!【大会展望・総括コラム】
学法石川vs東北【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
聖心ウルスラvs福島【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
鵬翔vs福島【宮崎県 2016年夏の大会 第98回選手権宮崎大会】
石川 【高校別データ】
小野 【高校別データ】
川口 【高校別データ】
学法石川 【高校別データ】
郡山 【高校別データ】
遠野 【高校別データ】
富岡 【高校別データ】
長沼 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
福島商 【高校別データ】
双葉 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム