第6回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「絶対的なエース奥川を擁し、目指すは平成3年以来の優勝!」2018年11月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]チームデータ
[2]チーム紹介・投手紹介

チーム紹介



主将・山瀬慎之助にも注目!

 春、夏の甲子園経験者が多く残っている星稜。北信越地区ではダントツの戦力を誇っており、決勝では引き分け再試合に持ち込まれたものの春に続いて北信越大会を制した。神宮大会でも優勝候補の本命だ。

 チームを引っ張るのは宇ノ気中時代に全国制覇を成し遂げた奥川 恭伸(2年)と山瀬 慎之助(2年)のバッテリーだ。主将を務める山瀬は奥川を筆頭に豊富な投手を巧みにリードするチームの精神的支柱。エースの奥川は打っても強打が光る5番打者で文字通りチームの大黒柱だ。

 打線の軸となるのは4番を打つ内山 壮真(1年)だ。入学早々にレギュラーを掴み、抜群のバットコントロールでチームを牽引。守りでも好守の遊撃手としてチームを支える。他に主力としては俊足が武器の東海林 航介(2年)や小技の上手い山本 伊織(2年)の甲子園経験者に巧打の3番打者である知田 爽汰(1年)といった名前が挙げられる。

 この秋には岡田 大響(2年)、福本 陽生(2年)、有松和輝(2年)といった脇を固める選手の台頭もあり、切れ目のない打線を構築することができてきた。悲願の甲子園優勝に向けてまずは神宮大会で松井秀喜さんが主力だった平成3年以来の優勝だ。

【投手陣】

 エースの奥川は2年生で唯一U-18日本代表に選ばれた世代屈指の好投手。最速150㎞のストレートを武器に北信越大会準々決勝では10者連続奪三振という離れ業をやってのけた。奥川に続く存在としては技巧派左腕の寺沢 孝多(2年)やU-15日本代表に選ばれた経験のある本格派右腕の萩原吟哉(1年)と寺西 成騎(1年)が控えており、投手層の厚さは全国屈指だ。

■高校別データ:星稜

(文・馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第818回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
第817回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
札幌大谷vs星稜【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs高松商【2018年 第49回明治神宮野球大会】
星稜vs広陵【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第828回 目指すは山田哲人!星稜4番・内山壮真が意識する日本一への覚悟 【2018年インタビュー】
第814回 進化し続ける奥川恭伸 西純矢を攻略した広陵打線でさえも太刀打ちさせず!【大会展望・総括コラム】
第812回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
星稜vs東海大諏訪【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
第752回 来年、日本のエースになるために。修行に臨む金沢の怪腕・奥川恭伸(星稜) 【2018年インタビュー】
第660回 奥川 恭伸(星稜)「全国・世界の頂への第一歩」 【2018年インタビュー】
第456回 森山 恵佑選手(星稜-専修大)「理想の打撃実現は、無駄な力を抜くことから」・後編 【2016年インタビュー】
星稜 【高校別データ】

コメントを投稿する

コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム