第4回 甲子園前にユニホームが変わる珍事件の真相2018年11月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


 ライター・手束 仁氏と高校野球ドットコム副編集長・河嶋 宗一による野球談義。高校野球の奥深い情報や面白話など高校野球通である二人が語りまくります!

 高校野球のユニホームの表記には様々な規定がありますが基本的には
・学校名
・学校に関する名称
・都道府県名・市町村名
 以外のものは表記してはいけません

 この規定によって甲子園出場を前にユニホームを変えざるを得ないチームがありました。愛知県の豊川です。

 当時の豊川のユニホームには左胸に赤い炎のようなマークがデザインされており、長年そのユニホームで戦ってきました。

 しかし、2013年の秋の大会で準優勝し選抜出場の可能性が出てきた頃、そのデザインを日本高野連に持っていくとNGという結果に。
 急遽ユニホームを作り直し無事に出場することができました。

 このように高校野球のユニホームには奥深いエピソードが多くあります。皆さんもぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
第17回 2018年の人気試合記事ベスト5!今年もドラマが目白押し!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第824回 出でよ!「4強+3」に続く勢力 秋季高知県大会総括【大会展望・総括コラム】
第794回 東邦の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会!来春に伸びてくる実力校とは?【大会展望・総括コラム】
第789回 高知「4強」を超越するため、立ち向かう「挑戦者たち」【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
愛知産大工vs豊川【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
佐和vs茨城キリスト【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
水戸商vs波崎【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会 地区予選】
常総学院vs水戸商【茨城県 2018年夏の大会 第100回選手権茨城大会】
西尾東vs豊川【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
茨城キリスト 【高校別データ】
土佐 【高校別データ】
豊川 【高校別データ】
豊川工 【高校別データ】
水戸商 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム