目次

[1]四国アイランドリーグplusに加わった台湾人審判員「朱 學謙」さん
[2] 四国アイランドリーグplusへの感謝を込めて

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第57回では「秋の四国で見つけたダイヤの原石たち」第2回の前に、台湾から海を渡り、四国アイランドリーグplusで四国審判修業を続ける朱 學謙(しゅ・がくえん)さんを紹介します。

四国アイランドリーグplusに加わった台湾人審判員「朱 學謙」さん


 徳島インディゴソックスの2年ぶり5回目の総合優勝で幕を閉じた15年目の四国アイランドリーグplus。後期に入るとスコアボードには新たな文字が刻まれるようになりました。

 審判員の場所に、「朱」の一文字。今季の四国アイランドリーグplusにはNPBから和田 隆(23歳)、正木 雄大(20歳)の両氏が研修審判員として派遣されていますが、彼ら2人からはやや齢を経ている風貌ながら、大きな声とキビキビした動きは強く印象に残るものでした。

 では「朱」審判員とはいったい……。そんな時はこのお方へ聞くに限ります。神谷 佳秀・四国アイランドリーグplus審判部部長。リーグ創設時から審判を務め、現在は若き審判員たちと寝食を共にしながら審判技術の向上に心血を注ぐ「ザ・審判員」。一方でtwitterfacebookでの審判員情報発信にも熱心に取り組んでいます。「神谷さん、朱さんはいったいどこからいらしているのですか?」

 「台湾から来ていただいています。台湾プロ野球(CPBL)での審判経験もある方ですよ」

 そうなんです。朱 學謙(しゅ・がくえん)さんは海を渡り遠く日本・四国まで審判修業にいらした29歳。しかし、わざわざ「youは何しに日本へ?」なのか??さっそく、同じく台湾から日本にやってきている徳島インディゴソックス通訳兼広報の鄧 樂慈さんに通訳をお願いし、本人にお話を聴いてみることにしました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。