• トップ
  • コラム
  • 四国発
  • 四国の「隠し玉高校球児」その2 ~新居浜南の「山川穂高」候補生 高速フォロースルーに着目せよ!近藤 隆聖(新居浜南)~

第52回 四国の「隠し玉高校球児」その2 ~新居浜南の「山川穂高」候補生 高速フォロースルーに着目せよ!近藤 隆聖(新居浜南)~2019年07月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]フォローまでの強スイングはまさに「山川穂高」
[2]探究重ね、次のステップで山川穂高の道へ

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第52回の今回は7月13日(土)に四国4県で同時開幕する「第101回全国高等学校野球選手権した」で注目したい、まだどの雑誌・WEBにも掲載されていない「隠し玉高校球児」を3回シリーズの2回目。176センチ106キロの山川 穂高(埼玉西武ライオンズ)的体系から長打を繰り出す新居浜南(愛媛)の右スラッガー・近藤 隆聖(3年・一塁手)をクローズアップします。

~関連記事はこちらから~
第101回 全国高等学校野球選手権 愛媛大会
第26回 愛媛県立新居浜南高等学校(愛媛)
【戦歴データ】新居浜西

フォローまでの強スイングはまさに「山川穂高」



打席へ向かう近藤隆聖

 「春の県大会以降5月24日までの打撃成績・78打数33安打34打点5本塁打」。「右投右打・176センチ111キロ」の体格と同時に、新居浜南(愛媛)4番についてのアンケート記述は、私をのけぞらせるに十分なものでした。

 その選手の名は近藤 隆聖(こんどう りゅうせい・3年・一塁手)。正直、これまでまったくノーマークだった選手です。さっそく私がこの仕事を始めた2009年には西条・春夏連甲子園出場、高校通算48本塁打の左スラッガーでもあった秋山 拓巳(阪神タイガース・投手)取材で大変お世話になり、昨年末は四国選抜オーストラリア遠征の指揮官も務めた田邉 行雄監督に連絡を取りました。

 「近藤くん。最近どうなんですか?」(私)
 「タイミングが合えば飛んでいきます。北条戦では2打席連続アーチも打っていますし、春からホームランは10本以上打っているんじゃないかなあ」(田邉監督)

 その時、脳裏にはあの選手の四文字がすぐに浮かんできました。「山川 穂高」。いまや埼玉西武ライオンズのみならず侍ジャパントップチームの4番を張る右アーチストも実は公称176センチ106キロ。期待はどんどん膨らんでいきます。

 そして迎えた6月22日(土)香川高専高松キャンパスグラウンドで行われた香川高専高松キャンパスvs新居浜南の練習試合ダブルヘッダー。私は別の練習試合取材のため、第2試合のみの観戦となりましたが、近藤選手は4打数2安打2打点。大器の片りんを存分に見せてくれました。

 特に驚かされたのは打席で「回転を意識して自分の間を作って」ルーティングをし、トップを作っての、インパクトからフォロースルーまでに象徴されるスイングの強さ・速さ、そして「柔らかさ」。第2打席では初球をあっという間に中堅奥ネット中段へ突き刺し、第4打席では一転してフルカウントまで粘って変化球に崩されながらも「器用だと周りから言われる」リストを駆使して強い打球を三遊間へ。これは山川穂高選手の真骨頂と同じです。

 「どんな時も白ご飯を食べられるんで、入学時は112キロ。最近は白米を夜は抜いたり、キャベツ千切りとサラダチキンだけにして体重も106キロに落としました」と食の悩みは尽きないようですが、高校通算本塁打も16本(6月25日現在)まで伸ばした彼の成長は順調そのものと言えるでしょう。

【次のページ】 探究重ね、次のステップで山川穂高の道へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第19回 新居浜西(愛媛)「春ベスト8!創立100年を超える伝統校の主体性を持った夏」【僕らの熱い夏2019】
第825回 「対県内」を「対四国・全国」へ押し上げろ 秋季愛媛県大会総括【大会展望・総括コラム】
第793回 秋季愛媛県大会展望!「本命不在」大会を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
野村vs新居浜西【愛媛県 2018年夏の大会 第100回選手権愛媛大会】
第183回 【第97回愛媛大会展望・後編】松山東、新田、東温など注目校多数!好カードが目白押しの第2、3シードブロック!【大会展望・総括コラム】
松山聖陵vs新居浜西【愛媛県 2013年 夏の大会 第95回愛媛大会】
新居浜西vs新居浜工【愛媛県 2010年 夏の大会 第92回愛媛大会】
新居浜西 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム