目次

[1]驚愕の「96回3分の1・奪三振122・四死球15・防御率0.93」
[2]「15奪三振無四球」理想的フォームで初甲子園、その上へ

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第51回の今回からは7月13日(土)に四国4県で同時開幕する「第101回全国高等学校野球選手権」で注目したい、まだどの雑誌・WEBにも掲載されていない「隠し玉高校球児」を3回シリーズで紹介。1回目は城東(徳島)でエース・4番を務める井村 多朗(3年)「理想的成長」の理由について探ります。

驚愕の「96回3分の1・奪三振122・四死球15・防御率0.93」


 6月29日(土)に開催される高知県を除き組み合わせ抽選会も終了。新日本プロレス「G1クライマックス」と同じく7月13日(土)の「第101回全国高等学校野球選手権地方大会」4県同時開幕に向け「いよいよ」感が高まる四国の高校野球ですが、私にとっては開幕前に「大きな仕事」がもう1つ残っています。

 それはこの「高校野球ドットコム」をはじめ、WEB上の大会分析で最新の状況を反映させて頂くことと、雑誌では取り上げきれなかった「隠し玉高校球児」を紹介させて頂くこと。この時期、各県参加各校から報道機関に提出して頂いている「アンケート」も参考にしながら、まだ発見しきれていない球児の「未来を切り拓くお手伝いを少しでもお手伝いさせて頂けたら」という想いは年々強まるばかりです。

 そんな6月上旬のある日、徳島大会参加各校からのアンケートをつぶさに眺めていると、私は城東の4番エース・井村 多朗(いむら・たろう 3年・175センチ77キロ・右投右打・徳島中央リトルシニア出身)の投手成績に瞳が2倍になるくらい驚かされたのです。

 明確に示せば春季大会以降6月6日までの練習試合で、16試合96回3分の1を投げて被安打54・奪三振122・与四死球15で防御率は0.93。浮橋 幸太富岡西3年)ら最速140キロを超える右腕が10人ほどそろう徳島県高校野球界でも、井村投手の数字は突出したものだったのです。

 「昨年秋とは別人です。もともとフォームがよかったのが、冬を越えて身体が乗っかったイメージ。ストレートも最速142キロになっています」城東・鎌田 啓幸監督も太鼓判を押すであれば見ないわけにはいきません。さっそく6月16日(日)・西条(愛媛)との練習試合に足を運んでみました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。