目次

[1]横浜高校が示した「強さ」だけでない部分
[2]未来の野球に望まれるのは「強く、正しく、カッコいい」

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 早いもので第50回を迎える今回は、6月8日(土)・9日(日)の両日行われた「香川県高等学校野球連盟招待試合」にやってきた横浜[/team](神奈川)が伝えてくれたことを中心に、「野球の未来像」を探っていきます。

横浜高校が示した「強さ」だけでない部分


 2019年6月8日(土)夕方。その瞬間、空は「YOKOHAMA」のユニフォームから突き出される人差し指で埋まりました。

 もちろん、ここは同じ週末に柳沢 慎吾さんがナイジャー・モーガンさんらと共に観衆を大いに沸かせた横浜スタジアムではありません。これは香川県高松市のレクザムスタジアムで行われた「香川県高等学校野球連盟招待試合」初日後に子どもたちを招いて行われた「キャッチボールイベント」最後に行われた尽誠学園とのストラックアウト対決に勝利した直後の出来事です。

 大会では四学大香川西尽誠学園高松商藤井を相手に51得点・47安打・14二塁打・4三塁打・7本塁打をマークした圧倒的な打力と147キロを連発したドラフト候補左腕・及川 雅貴(3年)を軸とした豊富な投手陣で4連勝を飾った彼らですが、こんなところにも勝負にこだわっていたのです。

 ただ、彼らがこの2日間で示したのは「強さ」だけではありません。キャッチボールイベントでは「子どものころを思い出した」と振り返った及川投手や平田 徹監督をはじめ、子どもたちの目線に立って共に楽しむ姿が随所に。

 また、常に逆方向を狙いながら甘いボールを一発で仕留める打撃に代表される技術力の高さ。「楽しく」が明らかに解るベンチの雰囲気とTPOをわきまえた礼儀。囲み会見で侍ジャパンU-18代表合宿で学んだことをそれぞれの言葉で明かしてくれた及川、左腕・松本 隆之介(2年)、主将の内海 貴斗(3年・二塁手)をはじめ、自己表現力も備わっていました。やや抽象的な表現になりますが彼らは単純に「カッコいい」のです。

 松坂 大輔投手(中日ドラゴンズ)、筒香 嘉智外野手(横浜DeNAベイスターズ)をはじめ数多くのOBが活躍し高校野球を超えて世間の認知度も高い横浜高校野球部ですが、こんなところにも名門であり続ける一端を見たような感じがしました。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。