第46回 最速151キロ!侍ジャパンで活躍する盟友の姿を胸に四国で躍動する石井大智2019年05月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「秋田高専卒」2年目右腕・石井 大智(高知ファイティングドッグス)急成長中
[2]「成田 翔」を超えるため、必ずNPB入りを

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し13年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 第46回では現在、四国アイランドリーグplusで「今季NO1」といわれる秋田高専卒2年目の最速151キロ右腕・石井 大智投手(高知ファイティングドッグス)について、昨年に侍ジャパントップチームを経験した小中学校時代の盟友を交えて取り上げていきます。

「秋田高専卒」2年目右腕・石井 大智(高知ファイティングドッグス)急成長中



最速151キロ右腕・石井大智

 もう早いもので令和元年5月も中旬。3月31日(日)に当初から1日遅れで開幕した四国アイランドリーグplus2019前期シーズンも各球団残り10試合程度となり、いよいよ佳境に入ってきました。

 現在のリーグ戦状況は投打に充実した戦力を備えて一昨年前期以来のVを目指す徳島インディゴソックスが首位を走り、高知ファイティングドッグスが激しく猛追するマッチレースの図式。まだ4試合残っている両者の直接対決が、栄冠獲得への大きなカギとなりそうです。

 両チームのキーマンをあげれば、徳島インディゴソックスでは昨年ドラフト指名漏れのリベンジに燃え、早くも5勝をマークしている最速151キロ右腕・竹内 裕太(鶴見大卒2年目)。一方、実に2009年後期以来となる優勝を期す高知ファイティングドッグスの命運を握るのは今季5試合登板で3勝無敗・防御率1.13で(5月18日現在)一躍リーグNo1右腕の座に急成長したこの人です。

 秋田高専卒2年目の石井 大智投手。リーグデータでは175センチ83キロと決して身体に恵まれているわけではありませんが、昨年最速145キロだったストレートの球速は6キロ増の151キロへ。かつその質も「身体のラインを使ったフォームのメリハリを吉田 豊彦コーチに言われて、感覚をつきとめた」ことにより「いい回転のボールが出ているので空振りが取れるキレがあるし、本物だと思っている」と現役時代NPB通算2006安打の駒田 徳広監督も賞賛するほどになっています。

 また、今季からは110キロ台のカーブ、120キロ台のスライダーに加え、130キロを超える高速シンカーもカウントを奪える変化球としてマスター。さらに「僕は大学4年と同じ年だし、同世代にはいい投手がいるのでそこを含めて評価されないといけない」と本人が自らの立場を認識している点も急成長の要因と言えるでしょう。

【次のページ】 「成田 翔」を超えるため、必ずNPB入りを

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第971回 殖栗 正登トレーナーが説いた 球速アップに必要な「土台」【高校野球コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第247回 NPBへの輩出偏差値からわかる!NPB入団へ最も近道となるチームは徳島インディゴソックスだった!【ドラフト特集コラム】
第1062回 岸潤一郎×平間隼人(徳島インディゴソックス) 同級生対談「一緒に優勝して、ドラフトを楽しみたい」 【2019年インタビュー】
第1059回 上間永遠投手(柳ヶ浦-徳島インディゴソックス) 最短で一軍の舞台に上がるために!独立屈指の若手投手が歩んできた野球道 【2019年インタビュー】
第89回 NPB通算防御率1点台突入へ! 藤川球児(阪神タイガース)が「リ・ボーン」した場所【高校野球コラム】
第224回 ~ 独立はNPBへの近道だ ~ 独立リーグの今に迫る!【ドラフト特集コラム】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
橘vs鶴見大附【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国発
秋田高専 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
鶴見大附 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム