• トップ
  • コラム
  • 四国発
  • 済美のグランドスラム、通算50勝、中学史上初150キロ!2018年「四国の野球」10大ニュース!

第27回 済美のグランドスラム、通算50勝、中学史上初150キロ!2018年「四国の野球」10大ニュース!2018年12月26日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 1位はやはり……あの夏の思い出
[2] 「中学野球」5タイトルランクイン、2019年以降の四国高校野球に期待!

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。

 2018年最終となる第27回では、極めて定番すぎて申し訳ありませんが、「四国の野球」10大ニュースをお届けします。

1位はやはり……あの夏の思い出



星稜戦で「史上初」逆転満塁サヨナラアーチを放った矢野 功一郎

 一年が経つのは早いものです。ついこの前「今年は記念大会。明徳義塾がとってきてくれた明治神宮大会枠含めて、センバツ出場校はどこになるのかな?」と言っていたと思ったら、もう年の瀬。皆さまはこの2018年、どんな一年でしたか?私は……そんなことはどーでもいいので、今回は2018年「四国の野球」10大ニュースと称して、この一年を「四国発」的に振り返ってみましょう。では、さっそく10大ニュースの発表です!

1.済美、「史上初」逆転満塁サヨナラアーチに報徳学園撃破で夏甲子園ベスト4!
2.四国高卒2名、四国アイランドリーグplusから1名、四国出身1名がドラフト指名!
3.明徳義塾・馬淵 史郎監督甲子園50勝。50勝目はセンバツ逆転サヨナラアーチ!
4.高知中・中学軟式春夏連覇。森木 大智投手は日本中学史上初の「150キロ」マーク!
5.明徳義塾中・第35回記念全日本少年軟式野球大会で準優勝。全冠制覇にあと半歩。
6.高知県選抜&愛媛県選抜、「第18回全国中学生都道府県対抗野球大会」で4強入り!
7.JR四国、都市対抗野球でHondaに勝利。19年ぶり大会1勝をあげる!
8.松山中央ボーイズ「第48回全日本少年野球春季大会」ベスト4、四国Vでジャイアンツ杯も1勝あげる!
9.糸川 亮太(立正大2年・川之江卒)明治神宮大会優勝投手に。JFE西日本・河野 竜生(鳴門卒3年目)、浦 翔太郎(明徳義塾~拓殖大卒7年目)も社会人日本選手権準V貢献!
10.四国アイランドリーグplusを制したのは6年ぶりの香川オリーブガイナーズ!

 1位はやはり夏の甲子園ベスト4の済美です。2回戦・星稜戦矢野 功一郎選手(3年)が放った史上初の逆転満塁サヨナラホームラン時、スタンドがうなり、固唾をのみ、一瞬の沈黙の後、大歓声に包まれた10秒余りの流れは、今でも忘れることはありません。そして準々決勝・報徳学園戦での、それまで三塁手専任だった池内 優一(3年・前主将)先発から山口 直哉(3年)につないだ中矢 太監督のベンチワークも震えが来た感覚を覚えています。

 2位はドラフト。市川 悠太明徳義塾~東京ヤクルトスワローズ3位指名)、土居 豪人松山聖陵~千葉ロッテマリーンズ8位指名)、鎌田 光津希(徳島インディゴソックス~千葉ロッテマリーンズ育成1位指名)は、すでに数多く取り上げていますが、ここで特記したいのはJR東日本から福岡ソフトバンクホークスドラフト4位指名を受けた板東 湧梧投手です。



板東 湧梧(鳴門〜JR東日本〜福岡ソフトバンクホークスドラフト)

 徳島・鳴門高では最速132キロ・常時120キロ後半だった2年秋から、3年春はセンバツ1勝。3年夏には140キロも出してベスト8入り。正に「コツコツと」努力を続けた成長過程を、JR東日本入社後の5年間でプロ入りするところまで積み上げたのは称賛に値します。しかも、完璧なバランスを有したフォームと、完璧なイケメンフェイスは維持したままでというのも凄い(マジ話です)。

 彼ら4人にはぜひプロの世界で成功して頂き、今季日本一の胴上げ投手に輝いた福岡ソフトバンクホークス・森 唯斗(徳島・海部高~三菱自動車倉敷オーシャンズ出身)のように、後に続く球児たちに先鞭と憧れを残す存在となってもらいたいと思います。

【次のページ】  「中学野球」5タイトルランクイン、2019年以降の四国高校野球に期待!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第533回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第531回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第863回 「165キロ」「50本塁打」そして「マルチプレイヤーとして」聖地へ 森木 大智(高知中3年)独占インタビュー!【後編】 【2018年インタビュー】
第862回 森木 大智(高知中3年)独占インタビュー !高知高で志す「マルチプレイヤー」【前編】 【2018年インタビュー】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第74回 ドットコム編集部が選ぶ!2018年高校野球10大ニュース【高校野球コラム】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
四国選抜vs南カリフォルニア選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
四国選抜vsクイーンズランド州選抜【四国選抜オーストラリア遠征】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
四国発
安樂智大(済美)
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム