第11回 「まぼろしの甲子園」~「101回目の夏」に願う優勝選手の想い2018年07月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 100回にカウントされていない「昭和17年の夏・甲子園」
[2] 「101回目の夏」に願う感謝のプレー

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えてしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。
 第11回では6月29日に徳島県徳島市の「徳島市シビックセンターさくらホール」で開催された「第100回全国高等学校野球選手権記念徳島大会記念講演会」をご紹介。世間的には「まぼろしの甲子園」と称される1942(昭和17)年8月に阪神甲子園球場で行われた中等学校野球全国大会「大日本學徒體育振興大會野球大會」で優勝した徳島商の優勝メンバーで唯一ご存命である梅本 安則さんの講演から「101回目の夏に願う平和」について考えていきます。

100回にカウントされていない「昭和17年の夏・甲子園」



1時間以上に渡って熱弁を振るわれた「まぼろしの甲子園」徳島商優勝選手・梅本-安則さん(91歳)
 

 突然ですが、みなさんは「まぼろしの甲子園」と呼ばれる野球大会があったのをご存知でしょうか?1942(昭和17)年8月に阪神甲子園球場で行われた中等学校(現在の高等学校)野球全国大会「大日本學徒體育振興大會野球大會」がその大会です。

 

 実はこの大会に限っては1946年に創設された日本高等学校野球連盟やそれ以前に高等学校(旧制:中等学校)野球選手権を主催していた朝日新聞社(旧:大阪朝日新聞社)ではなく、文部省(現:文部科学省)と、その外郭団体である大日本學徒振興會が主催。よって現在に至るまで「夏の高校野球全国選手権」としてはカウントされていないのです。

 

 当時、日本の統治地域だった台湾を含む地域予選を勝ち抜いた16校が参加したこの大会を制したのは「四国地区代表」の徳島商。そして、当時から76年が経過した今年6月29日、その徳島商の当時3年生(旧制5年制)で7番・一塁手として優勝に貢献した梅本 安則さんを講師とする「第100回全国高等学校野球選手権記念徳島大会記念講演会」が開催されました。

 

 演題は「『まぼろしの甲子園』優勝選手 梅本安則さんが100回大会に寄せる思い」。はたして13時からNHK徳島放送局・高山 大吾アナウンサーの司会により始まった約1時間半の講演会は、非常に興味深いものとなりました。

【次のページ】  「101回目の夏」に願う感謝のプレー

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第23回 激動の時代に親子鷹で話題となった原辰徳の高校時代【高校野球ヒストリー】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs慶應義塾【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
高知商vs山梨学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
高知商vs明徳義塾【高知県 2018年夏の大会 第100回選手権高知大会】
鳴門渦潮vs徳島商【徳島県 2018年夏の大会 第100回選手権徳島大会】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第22回 世界のホームランキング・王貞治の知られざる高校時代を紐解く!【高校野球ヒストリー】
四国発
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム