第10回 四国地区の有望1年生球児たち2018年06月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1] 「職人遊撃手」腕ぶす香川県、「フルスインガー」うなる愛媛県
[2] 鳴門の「背番号5」に土佐の中軸も1年生

 2007年2月に首都圏から居を四国地区に移し12年目。「さすらいの四国探題」の異名を背に四国球界でのホットな話題や、文化的お話、さらに風光明媚な写真なども交え、四国の「今」をお伝えてしている寺下友徳氏のコラム「四国発」。
 第10回では7月7日の徳島大会を皮切りにスタートする「第100回記念全国高等学校野球選手権」四国地区各地方大会での活躍が期待される「有望1年生球児たち」について紹介していきます。

「職人遊撃手」腕ぶす香川県、「フルスインガー」うなる愛媛県



軽快な遊撃守備と堅実さが光る前田 大(英明)
 

 すでに6月30日(土)開催の高知大会を除けば組み合わせ抽選会も終わった、四国4県の「第100回記念全国高等学校野球選手権」。7月7日(土)の徳島大会を皮切りに、9日(月)に香川大会、11日(水)に愛媛大会、14日(土)に高知大会の順で開幕。いよいよ夏到来です!

 

 組み合わせ抽選会を踏まえた各大会の展望は改めてさせて頂きますが、今回は大会の華の1つである「有望1年生球児たち」を何人かピックアップしていきたいと思います。

 

 まずは香川県。最注目選手はすでに大阪桐蔭(北大阪)と対戦した香川県高野連招待試合でデビューを果たした英明の前田 大(遊撃手・右投右打・173センチ56キロ・丸亀市立西中出身)と、玉井 来輝(左翼手・右投左打・164センチ55キロ・高松市立香東中出身)両選手。玉井は守備で好プレーを見せ、前田は堅実な守備に加え、侍ジャパンU18代表一次候補の根尾 昂(3年)からも「はじめから逆方向を狙って」3安打。来る夏も選手層の薄さに悩んでいた香川 智彦監督を大いに喜ばす活躍に期待です。

 

 その他、尽誠学園では名古屋アスリートクラブヤング(愛知)でキャプテンを務めていた仲村 光陽(177センチ71キロ・右投右打)が香川大会当初登録・背番号「5」でベンチ入り。観音寺市勢の観音寺一観音寺総合も1年生1人ずつに一桁番号を与えて大会に臨むことになりそうです。

 

 愛媛県では大会連覇を狙う済美で豊富な練習試合経験を積んでいる1年生トリオ・越智 息吹(一塁手・右投右打・177センチ89キロ・西条ボーイズ出身)、山田 響(左翼手・169センチ65キロ・新居浜ヤングスワローズ)、松岡 玲旺(右翼手・左投左打・177センチ70キロ・松山リトルシニア出身)が注目株。特に松岡は柳田 悠岐(福岡ソフトバンクホークス)を思わせるフルスインガーとして大会を沸かせてくれそうです。

 

 また、菅 哲也監督が「キャプテンシーがあって、気持ちを持っている」と話す川之江左腕・槍山 聡(左投左打・176センチ64キロ・生駒リトルシニア<奈良>出身)や、春の四国大会ではベンチ外から一転、愛媛大会当初登録では背番号「2」を付ける松山聖陵・岸田 明翔(捕手・右投右打・173センチ80キロ・高槻ボーイズ<大阪>出身)らの動向も気になるところです。

【次のページ】  鳴門の「背番号5」に土佐の中軸も1年生

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
第19回 俳優・吉村卓也が夏の甲子園を総括!そしてU18侍ジャパンの見どころは?!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第758回 冷静な自己分析能力とメンタルコントロール 藤原恭大(大阪桐蔭)の真価が見られるのはこれからだ! 【2018年インタビュー】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第758回 好投手、好捕手、好遊撃手で沸いた平成最後の甲子園!【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs済美【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第733回 選抜連覇のPL学園を破るために取り組んだ練習の日々 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.1 【2018年インタビュー】
済美vs高知商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs高岡商【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第716回 羽田野 温生(汎愛)打倒・大阪桐蔭に燃える公立の本格派右腕 【2018年インタビュー】
四国発
今治北 【高校別データ】
愛媛大附 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
高知商 【高校別データ】
香川 【高校別データ】
笠田 【高校別データ】
海南 【高校別データ】
高知工 【高校別データ】
高知農 【高校別データ】
高知東 【高校別データ】
高知東工 【高校別データ】
高知 【高校別データ】
高知海洋・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
高知丸の内・室戸 【高校別データ】
小松 【高校別データ】
清水 【高校別データ】
城西 【高校別データ】
城東 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
城ノ内 【高校別データ】
城北 【高校別データ】
宿毛 【高校別データ】
西条農 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
城山 【高校別データ】
須崎工・高知丸の内・室戸 【高校別データ】
藤井学園寒川 【高校別データ】
高岡 【高校別データ】
徳島工 【高校別データ】
徳島商 【高校別データ】
徳島東工 【高校別データ】
高松 【高校別データ】
津島 【高校別データ】
那賀 【高校別データ】
中村 【高校別データ】
鳴門 【高校別データ】
長浜 【高校別データ】
飯山 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
北条 【高校別データ】
丸の内 【高校別データ】
三木 【高校別データ】
三島 【高校別データ】
吉田 【高校別データ】

コメントを投稿する

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム