第9回 中央学院4選手のセンバツの意気込みを紹介!「出るのが目標ではない!勝つことだ!」2018年02月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左から西村陸、大谷拓海、長沼航、平野翔

 1月26日、第90回記念選抜高等学校野球大会の出場36校が発表され、中央学院の初の選抜出場が決まった。初勝利を目指す主力選手の思いを聞いた。

大谷 拓海(2年・投手)
みんなで1勝をつかんでいきたいと思います。
 そしてセンバツでは良い投手、良い打者と対戦すると思いますので、そこで感じたことを春以降の練習に生かしていきたいと思いますし、そして夏の記念大会で絶対に出場をしたいです!

西村 陸(2年・投手)
これまで外角のコントロールを大事にしていきましたが、そこはしっかりと押さえつつ、内角でも勝負できるようになって、全国レベルの打線を抑えられるようになりたいです。

平野 翔(2年・遊撃手)
今は守備を課題にして取り組んでいます。去年秋、足が動かないことがありましたので、フットワークを軽快にして、全国レベルの走力がある選手に対してもアウトにできる守備力を身につけます。選抜は出場したことが目標ではありません。この冬を大事に、意識を高く持ってやっていきたいです。

長沼 航(1年・一塁手)
今は守備を徹底的に磨いています。初の全国舞台なので、みんなで活躍できるよう頑張っていきたいです。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1297回 父は日本ハムコーチの飯山 志夢(中央学院)。甲子園中止時にもらったエール 【2020年インタビュー】
第1288回 高校通算30本塁打に達した強打者・加藤公翔(中央学院)。拓殖大では即戦力の活躍に期待 【2020年インタビュー】
千葉英和vs中央学院【千葉県 令和2年度 秋季千葉県高等学校野球大会】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは?激戦が予想される準々決勝の見所を徹底紹介【大会展望・総括コラム】
第1226回 県内屈指の巧打者・青木優吾(中央学院)「優勝を目指して後輩たちに良い姿勢を見せていきたい」 【2020年インタビュー】
中央学院vs佐倉【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1016回 戦国千葉2020がスタート。8ブロック別で注目カード、注目の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 地区予選から激戦の予感!千葉県春季地区予選の8ブロックの見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
木更津総合vs中央学院【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs東葉【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
中央学院vs西武台千葉【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第894回 名伯楽の指導によって覚醒した野村健太(山梨学院)目指すは高校通算50本塁打!【後編】 【2019年インタビュー】
長沼 航(中央学院) 【選手名鑑】
西村 陸(中央学院) 【選手名鑑】
平野 翔(中央学院) 【選手名鑑】
中央学院 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 編集長であり、ドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム