第4回 21世紀枠出場チーム早見表!【過去10年分】2018年01月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

果たして、21世紀枠はどこの学校なのか?過去の21世紀枠出場校を振り返る



昨年選抜に出場した不来方ナイン

 今年も寒く長いオフシーズンが続いているが、いよいよ発表が迫ってきた選抜甲子園の出場校。入場行進曲も決まり、残すは出場校だけである。一体どの学校が選ばれ、選抜の舞台で選手たちがどんな活躍するのか注目したい。
 そして忘れてならないのが、21世紀枠の学校である。各地方で結果を残している数多くの学校からどこが選ばれるのか、そこにも目が離させない。今回は、過去10年間に21世紀枠としてどの学校が出場し、どのような結果を残したのか、チェックしてみよう!

 ちなみに今年の選抜21世紀推薦校はこのようになっている。
・北海道:函館工 北海道大会ベスト8
・東北:由利工(秋田) 東北大会ベスト8
・関東:藤岡中央(群馬) 県大会ベスト4
・東海:大垣西(岐阜) 東海大会ベスト8
・北信越:金津(福井) 北信越大会1回戦
・近畿:膳所(滋賀)  県大会ベスト8
・中国:下関西(山口) 中国大会1回戦
・四国:高知追手前(高知) 四国大会1回戦
・九州:伊万里(佐賀) 九州大会2回戦

【2008年・80回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

【2009年・81回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

【2010年・82回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績
  • 和歌山
  • 向陽
  • 2回戦敗退

【2011年・83回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

【2012年・84回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

【2013年・85回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績
  • 北海道
  • 遠軽
  • 2回戦敗退

【2014年・86回大会】

  • 高校名
  • 和歌山
  • 海南
  • 初戦敗退
  • 鹿児島
  • 大島
  • 初戦敗退

【2015年・87回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績
  • 和歌山
  • 桐蔭
  • 初戦敗退

【2016年・88回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

【2017年・89回大会】

  • 高校名
  • 選抜での成績

 以上のように、ここ10年の結果での最高戦績は2009年の利府高校のベスト4である。今年は果たしてどの学校が選出され、どんな活躍をするのだろうか?
 春・夏ともに記念大会を迎える今年の高校野球は、この冬から見逃すことができない!

明日、高校野球ドットコムでは選抜出場校の速報を実施します!お楽しみに!!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
彦根東vs綾羽【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第55回 都立小山台・福嶋正信監督が明かした指導理論 「真の情熱が安定した強さを生む」【後編】【名将たちの言葉】
滋賀学園vs彦根東【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第54回 都立小山台・福嶋正信監督が明かした「指導理論と1週間の取り組み」 【前編】【名将たちの言葉】
彦根東vs国際情報【滋賀県 2019年春の大会 春季滋賀県大会】
第951回 都立唯一のベスト4・小山台に現れた強打の核弾頭・池本仁志が追求する「一番像」とは 【2019年インタビュー】
国士舘vs都立小山台【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第888回 春季都大会もいよいよクライマックス!熱戦必至の準決勝、注目選手は?【大会展望・総括コラム】
都立小山台vs早稲田実業【東京都 2019年春の大会 春季東京都高等学校野球大会】
第26回 東邦が優勝を決めた選抜!俳優・吉村卓也が大会で活躍した選手を紹介しつつ振り返る!!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第877回 近江が優勝へ一歩リード!比叡山など注目校が追走する構図に!【大会展望・総括コラム】
第931回 88名の部員一丸で「粘りの野球」で日本一を 秋山 功太郎・宗山 塁(広陵) 【2019年インタビュー】
第729回 2018年の都立の星 吉岡桃汰(東大和南)「神宮球場のマウンドで投げたい!」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第681回 戸谷 直大 (都立小山台)打倒・私学に燃える文武両道のエース 【2018年インタビュー】
不来方 【高校別データ】
都立小山台 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
利府 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム