第8回 バランス良い勢力構図の福岡、南北共に実績校が並ぶ【2代表制大会展望】2018年02月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨年のセンバツでベスト8に進出した福岡大大濠と東海大福岡

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。
 そして、18年100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。今回は福岡県編だ。

福岡
【北福岡】例年の北部大会 66校
【南福岡】例年の南部大会 70校

 今回の第100回記念大会で、初めて2代表となる福岡だが、北九州市と福岡市という2大都市を抱える福岡県である。元々福岡大会は、ベスト16の決まる4回戦までは福岡市や久留米市などが入る南部大会と北九州市を中心として宗像市、飯塚市などの入る北部大会という区分けがされていた。従って、今回の地区割りも、そのままスムーズに南部と北部に分けられるという形となった。

 因みにこの秋の県大会ベスト4の顔ぶれは、北部大会では東筑小倉東筑紫学園九州国際大付の4校、南部大会では福岡工大城東春日筑陽学園東福岡となっている。春日を除くといずれも甲子園出場の実績のある伝統校、実力校がズラリと並んでいる。これを見てもわかるように、北部地区と南部地区は勢力構図も上手にバランスがとれているといっていいだろう。

 具体的に見ていくと北福岡では東筑小倉戸畑田川戸畑商時代に甲子園出場を果たしている北九州市立といった伝統ある公立校と、甲子園実績ということで言えばセンバツでは早稲田実業を下してベスト8に進出した東海大福岡(旧東海大五)、11年春には準優勝を果たしている九州国際大付(旧八幡大附)、08年夏と12年夏に甲子園出場をしている飯塚自由ヶ丘などを中心として展開されていきそうだ。さらには東筑紫学園や、かつて九州工時代に甲子園出場のある真颯館、築城中部時代に甲子園出場のある青豊希望が丘常盤などに加えて、小倉工小倉商小倉東に近年力をつけてきた折尾、女子野球部もある折尾愛真などの名前が見られる。

 南福岡は昨春のセンバツではベスト8に進出している福岡大大濠をはじめとして、昨秋の県大会準優勝の筑陽学園、ベスト4の東福岡、8強となった福岡工大城東春日が中心となる。さらには、伝統の柳川をはじめとして九産大九州福岡第一西日本短大附という甲子園で実績のある学校の名前もある。他には懐かしいところでは久留米商三池工、かつて筑紫工時代に甲子園出場を果たしている筑紫台もいる。県立校として人気のある進学校の修猷館福岡明善筑紫丘なども南部地区である。
他には福岡工大牟田八女工に近年躍進してきている祐誠や好投手を輩出することで知られている沖学園、九州産業などの名前がある。

 いずれにしても、福岡県としては初めて、夏の大会に2代表を送り出せる大会となる。それだけでも、例年以上の盛り上がりを示していくこととなるであろう。

(文=手束 仁

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
常総学院vs波崎柳川【茨城県 2018年秋の大会 茨城県大会】
早稲田実業vs聖パウロ学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第761回 高校野球ドットコム編集部が選ぶ東京都の侍ジャパンU17代表候補【大会展望・総括コラム】
第26回 松坂大輔が甲子園を席巻して、横浜が春夏連覇を果たした世紀末の1998年【高校野球ヒストリー】
第746回 早実の3年間は社会で生きる力を身に付けてくれた 及川龍之介さん(早稲田実業出身)【後編】 【2018年インタビュー】
第745回 記録員として斎藤佑樹とともに甲子園優勝 及川龍之介さん(早稲田実業出身)が語る"過酷な下級生時代"【前編】 【2018年インタビュー】
第754回 西では日大三、東では二松学舎大付が制した東西東京大会を総括!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs沖学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第755回 【9日目見所】大阪桐蔭は試合巧者・沖学園と対決!4本の矢・近江にも期待【大会展望・総括コラム】
沖学園vs北照【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
折尾愛真vs飯塚【福岡県 2018年夏の大会 第100回選手権記念 北福岡大会】
第736回 関東最速右腕・勝又温史「試行錯誤が生んだ150キロ。夏は3年間の集大成を」【後編】 【2018年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第721回 関東最速右腕・勝又温史 「未熟さを知った2年秋」【前編】 【2018年インタビュー】
飯塚 【高校別データ】
大牟田 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
春日部工 【高校別データ】
春日井商 【高校別データ】
春日 【高校別データ】
葛巻・福岡工 【高校別データ】
北九州市立 【高校別データ】
九産大九産 【高校別データ】
九産大九州 【高校別データ】
九州国際大付 【高校別データ】
久留米商 【高校別データ】
光陵 【高校別データ】
小倉 【高校別データ】
修猷館 【高校別データ】
新宮 【高校別データ】
真颯館 【高校別データ】
自由ケ丘 【高校別データ】
自由ヶ丘 【高校別データ】
城南 【高校別データ】
福岡・自由の森学園・上尾鷹の台連合チーム 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
田川 【高校別データ】
筑紫丘 【高校別データ】
筑紫台 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】
東海大福岡 【高校別データ】
東筑 【高校別データ】
常磐 【高校別データ】
戸畑 【高校別データ】
西日本短大附 【高校別データ】
柏陵 【高校別データ】
東筑紫学園 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡工 【高校別データ】
福岡工大城東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
福岡第一 【高校別データ】
福岡大大濠 【高校別データ】
福島 【高校別データ】
三池工 【高校別データ】
明善 【高校別データ】
柳川 【高校別データ】
八幡 【高校別データ】
八幡工 【高校別データ】
八女工 【高校別データ】
祐誠 【高校別データ】
若松 【高校別データ】
若松商 【高校別データ】
早稲田実業 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム