第5回 北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】2018年01月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

根尾昂(大阪桐蔭)

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。
 そして、18年100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。今回は大阪府編だ。

【北大阪】92校
大教大池田阿武野池田池田北市岡茨木大冠大手前春日丘交野門真なみはや門真西北かわち皐が丘北野北淀柴島香里丘桜塚四條畷渋谷教育学園渋谷島本吹田成城摂津千里千里青雲高槻北槻の木豊島刀根山豊中寝屋川野崎能勢東淀川枚方津田枚方なぎさ福井北摂つばさ牧野三島箕面東守口東山田緑風冠茨田大阪市立扇町総合咲くやこの花桜宮西汎愛、南
 藍野、英真学園追手門学院大阪、大阪学院大、大阪国際大和田大阪産大附大阪青凌、大阪電通大、大阪桐蔭開明関西大倉関西創価関大一関大北陽金光大阪常翔学園常翔啓光学園星翔太成学院大高高槻大商学園東海大仰星同志社香里箕面学園、箕面自由、履正社早稲田摂陵
 淀商、府大高専、茨木工科西野田工科淀川工科東淀工都島工大阪園芸

【南大阪】97校
大教大天王寺阿倍野生野泉尾和泉泉大津和泉総合泉鳥取今宮、教育センター付、大塚貝塚貝塚南懐風館柏原東勝山河南かわち野岸和田久米田高津金剛堺上堺西堺東咲洲佐野狭山信太清水谷住吉福知山成美泉陽高石天王寺登美丘富田林長野北西成花園阪南東住吉東住吉総合平野福泉藤井寺布施松原三国丘みどり清朋美原八尾八尾北八尾翠翔山本夕陽丘りんくう翔南長野布施北長吉伯太ビジネスフロンティア日新岸和田産
上宮上宮太子大阪偕星学園大阪学芸、大商大、大阪商大堺、星光学院、大体大浪商近大附近大泉州興國金光八尾精華清教学園浪速初芝立命館、阪南大、東大阪大柏原明星桃山学院
住吉商今宮工科堺工科佐野工科城東工科藤井寺工科布施工科生野工泉尾工農芸

 大阪府は面積としては、それほど広くはない。しかし、大阪府の特徴としては、狭い地域に都市が密集しているということである。だから当然、人口密度も高くなるが、学校もひしめき合うような形で存在している。
また、大阪の高校野球は、全国でも最も高いレベルにあり、毎年のように激戦区となっていることでも有名だ。事実、昨年2017年の春のセンバツでは、大阪桐蔭履正社という大阪代表同士が決勝を争った。そのことにも、大阪勢の力があるということは示されていると言っていいだろう。

 そんな大阪の記念大会は南北に分かれての戦いとなる。最大の注目は、現在の大阪では最大のライバル校同士といっていい昨春のセンバツ決勝を争った大阪桐蔭履正社が同じ地区となるのか分かれるのかというところだったが、結果としては同じ北大阪で競い合うという形となった。それだけでも、北大阪が激戦になると予想出来よう。昨秋の大阪府大会でも、決勝は両校の対戦となっているように、二強対決となることは間違いない。

 従って、当然のことながら北大阪はこの両校を巡る争いとなっていくであろう。この両校に続く他の顔ぶれとしては甲子園実績のあるところでは関西創価関大一関大北陽金光大阪東海大仰星などがいる。さらには新しいところで太成学院大高大商学園などの名前も見られる。また、昨秋の府大会ベスト8になった箕面学園や府立校では池田がいる。公立勢ではほかに、甲子園経験のある春日丘渋谷教育学園渋谷、昨夏大阪大会では決勝進出を果たして大阪桐蔭を苦しめて話題となった大冠などがいることになる。

 これに対して南大阪は、混戦となることは必至だ。昨秋の実績ではベスト4に進出している近大附興國が双璧ということになるのだろうが、他には大阪商大堺大阪商業大高の大阪商業大系列校と上宮上宮太子が続いていく存在になるか。さらには、2015年夏の代表となった大阪偕星学園にかつては大阪の一番手として引っ張っていた伝統校の大体大浪商明星など実績のある学校で、浪速などの名前もある。他にも私学勢力としては金光八尾清教学園初芝立命館阪南大高、2011年の出場校である東大阪大柏原などの顔ぶれとなっている。
公立勢としては富田林三国丘やダンスが注目を浴びた登美丘などがいる。

 南大阪は、かつてはPL学園が南大阪に所属していて、80回大会には甲子園出場を果たしている。ちなみに、その年の北大阪は関大一だった。90回大会では南が近大附、北が大阪桐蔭大阪桐蔭は全国制覇を果たしている。

(文=手束 仁

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第91回 ファーム2冠で2020年飛躍の助走へ 安田 尚憲(千葉ロッテマリーンズ)【高校野球コラム】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
履正社vs中京学院大中京【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
大阪商大堺vs東海大仰星【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪偕星学園 【高校別データ】
大阪商大堺 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】
関西創価 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
興國 【高校別データ】
大体大浪商 【高校別データ】
履正社 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁
  • 生年月日:1956年
  • 出身地:愛知県
  • ■ 経歴
     愛知県知多市出身。半田高→國學院大81年卒。大映映像事業部など映像会社で、映画・ビデオなどの販売促進、営業等を経て、編集プロダクションに10年勤務後独立。
     99年に『熱中!甲子園』(双葉社)を仕掛け、を刊行。同年に『都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社・刊)で本格的にスポーツ作家としてデビュー。99年12月に、『アンチ巨人!快楽読本』(双葉社)を企画編集・執筆。その後、『ふたりの勇気~東京六大学野球女子投手誕生物語』、『高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)などを相次いで刊行。さらに話題作となった『甲子園出場を目指すならコノ高校)』(駿台曜曜社)、『野球県民性』(祥伝社新書)、『プロ野球にとって正義とは何か』、『プロ野球「黄金世代」読本』、『プロ野球「悪党」読本』(いずれもイースト・プレス)などを刊行。
     さらには『高校野球のマネー事情』、『スポーツ(芸能文化)名言』シリーズ(日刊スポーツ出版社)、『球国愛知のプライド~高校野球ストーリー』などがある。
     2015年には高校野球史を追いかけながら、大会歌の誕生の背景を負った『ああ栄冠は君に輝く~大会歌誕生秘話・加賀大介物語』(双葉社)を刊行し18年には映画化された。

     スポーツをフィルターとして、指導者の思いや学校のあり方など奥底にあるものを追求するという姿勢を原点としている。そんな思いに基づいて、「高校生スポーツ新聞」特派記者としても契約。講演なども國學院大學で「現代スポーツ論」、立正大で「スポーツ法」、専修大学で「スポーツジャーナリズム論」などの特別講師。モノカキとしてのスポーツ論などを展開。
     その他には、社会現象にも敏感に、『人生の達人になる!徒然草』(メディア・ポート)、『かつて、日本に旧制高等学校があった』(蜜書房)なども刊行。文学と社会風俗、学校と教育現場などへの問題提起や、時代と文化現象などを独自の視点で見つめていく。 そうした中で、2012年に電子メディア展開も含めた、メディアミックスの会社として株式会社ジャスト・プランニングを設立。新たなメディアコンテンツを生み出していくものとして新たな境地を目指している。
  • ■ 著書
    都立城東高校甲子園出場物語~夢の実現』(三修社) 
    甲子園への助走~少年野球の世界は、今』(オーシャンライフ社)
    高校野球47の楽しみ方~野球地図と県民性』(三修社)

    話題作となった
    甲子園出場を目指すならコノ高校(増補改訂)』(駿台曜曜社)
    スポーツ進学するならコノ高校
    東京六大学野球女子投手誕生物語~ふたりの勇気』(三修社)
    三度のメシより高校野球』(駿台曜曜社)
    スポーツライターを目指す人たちへ~江夏の21球の盲点』(メディア・ポート)
    高校野球に学ぶ「流れ力」』(サンマーク出版)
    野球県民性』(祥伝社新書)
    野球スコアつけ方と分析』(西東社)
    流れの正体~もっと野球が好きになる』(日刊スポーツ出版社)NEW!
  • ■ 野球に限らずスポーツのあり方に対する思いは熱い。年間の野球試合観戦数は300試合に及ぶ。高校ラグビーやバレーボール、サッカーなども試合会場には積極的に顔を出すなど、スポーツに関しては、徹底した現場主義をモットーとしている。
  • ■ 手束仁 Official HP:熱中!甲子園
  • ■ 講演依頼はこちら
    講演・セミナー依頼受付中

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム