第4回 私学4強の壁がある「西愛知」と大激戦の「東愛知」【2代表制大会展望】2018年01月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

左:扇谷 莉(東邦)、右上:澤井廉(中京大中京)右下:松原絃介(愛知産大三河)

 2018年は、1915(大正4)年に第1回大会が始まった現在の全国高校野球選手権大会が第100回大会を迎える。途中、戦争による中断があったものの、今日まで1世紀以上の歴史を作りあげてきた。
そして、18年の100回大会は記念大会となり、甲子園への出場校も増加される。記念大会で増枠となる地区では、どんな期待感があるのだろうか。通常の1代表から、2代表となる7地区の今季の動向を探ってみた。今回は愛知編だ。

愛知
【東愛知】東三河地区、西三河地区、知多地区
【西愛知】名古屋市内、尾張地区。

 愛知県は過去二度の記念大会と同じ地区割りとなって東愛知と西愛知に分かれた。
歴史的にもう何十年も「名古屋市内私学4強の壁」と言われている愛知の高校野球だが、記念大会でも名古屋市内を二分することはない。従って中京大中京東邦愛工大名電享栄の私学4強は同じ地区で戦うことになる。さらには近年躍進著しい至学館と徐々に復活を示している愛知もおり、名古屋市内地区の激戦は変わらない。そこに尾張地区が加わることになっている西愛知に属する各校にとっては、その厳しさは、記念大会だからといって、緩和されることはないといっていいであろう。

 その西愛知は、上記6校以外で過去50年の中で甲子園出場実績があるのは愛知啓成愛知黎明(当時弥富)しかない。それくらいに、名古屋市の4強に勢力が集中しているともいえるのだろう。それらに対して、強烈に対抗を示してきているのが、この夏の愛知大会でも決勝進出を果たした栄徳であろう。過去5年の中で2度の愛知大会決勝進出という実績もあり、もっとも初出場に近い学校ということが言えよう。

 栄徳を秋の尾東大会で下して優勝した星城も台風の目となる可能性は十分に秘めているであろう。他には春日丘中部大一、尾張地区大会を制した愛知啓成に続いて清林館大成に誉なども打倒名古屋市勢に挑む。公立では西春小牧南などが健闘している。
また、名古屋市内県立校大会を制した天白や歴史のある旭丘名南工なども注目される存在となろう。6校に続く名古屋市内私学としては名古屋国際名城大附名経大高蔵大同大大同同朋愛知産大工もひと暴れしそうだ。

 東愛知は名古屋市勢との対決がなく、私学4強の壁を乗り越えなくてもよくなる記念大会は、勢いづけばどこにでもチャンスがあるとも言えよう。また、戦力的にも抜けた存在がなく大激戦となりそうだ。
東三河では豊川を筆頭として、夏のベスト4の豊橋中央と秋季県大会ベスト4の桜丘が3強だが、絶対的な練習量を誇っている渥美農成章時習館小坂井豊橋商国府などの公立勢も続く。

 西三河勢はさらに群雄割拠となっている。秋季県大会では準優勝を果たして、東海大会にも進出した愛知産大三河が現時点での実績では筆頭だが、ベスト8に進んだ安城はじめ、夏のベスト8の豊田工、過去5年の間に夏の愛知大会で2度も4強入りを果たしている西尾東もチャンスはある。実績のある豊田西刈谷も当然注目校だが吉良岡崎工安城東知立東刈谷北なども一波乱起こせそうだ。私学勢力も豊田大谷安城学園岡崎城西杜若などが健闘しそうだ。

 知多地区は大府の存在が絶対的だが、近年は東浦が健闘している。また、半田横須賀半田東などの進学校も健闘している。注目は日本福祉大附で、今秋は知多地区3位で県大会にも出場を果たし初戦も突破した。

なお、過去の記念大会は西は愛工大名電東邦。東は古木克明選手のいた豊田大谷大府がそれぞれ出場を果たしている。100回大会はどんな風が吹くのだろうか。

(文=手束 仁

このペ-ジのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第41回 享栄(愛知)耐え抜く冬ではなく、やり切る冬に【冬が僕らを強くする2019】
第884回 求道者・熊田任洋(東邦)が望むのは全国最多のV5!【後編】 【2019年インタビュー】
第883回 4番熊田任洋(東邦)はチーム一の求道者!経験を力に変える学習能力の高さ 【2019年インタビュー】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
八戸学院光星vs東邦【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第822回 本領発揮は来春の選抜までお預け!それでも潜在能力の高さは発揮した石川昂弥(東邦) 【2018年インタビュー】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
東浦vs誉【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
大府vs日本福祉大付【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
津田学園vs中京大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
東邦vs中京学院大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
愛工大名電 【高校別データ】
愛知啓成 【高校別データ】
愛知黎明 【高校別データ】
栄徳 【高校別データ】
大府 【高校別データ】
享栄 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
桜丘 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
中部大一 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
豊橋中央 【高校別データ】
東浦 【高校別データ】
春日丘 【高校別データ】

プロフィール

手束仁
手束 仁

ベースボールファン
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム