伝統を守りつつ時代とともに進化する、智辯和歌山に導入された野球ノートの中身とは?2018年08月27日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]アップデートする智辯和歌山野球
[2]「大多数」対「1」を補う野球ノート
[3]野球ノートとともに成長を続ける



智辯和歌山

 智辯和歌山の敗退は今大会、これまで最大のサプライズだったといえる。 勝った近江は強かった。優勝候補をくだすだけのチーム力があった。 一方で涙を呑んだ智辯和歌山。3年生にとっての夏は終わったが、新チームが持つ潜在的な力は、今チームをしのぐかもしれない。

 2017年から智辯和歌山のコーチに就任したOB中谷仁(元阪神タイガースほか)が、1年次から指導する選手たちが3年目を迎えるのだ。この秋からは監督に就任した中谷仁がコーチ就任時から取り組み始めたものはいくつもあるが、そのうちのひとつに「野球ノート」がある。 球児たちの「グラウンド以外の努力」が表れている、と話題を呼んでいる『野球ノートに書いた甲子園FINAL』より、智辯和歌山の取り組みについて紹介する

アップデートする智辯和歌山野球



選手へノックを打つ、中谷仁コーチ

 智辯和歌山の「野球ノート」は、取り組み始めてまだ1年半。中谷仁がコーチに就任して以降始まった。当時の1年生だった現在の2年生は全員義務付けられ、現在の3年生はふたりをのぞいて自由参加だ。他校にあるような「やり方」もなければ「フォーマット」もない。練習が始まる前に中谷に提出し、練習後に返される、それだけ。

 中谷は、選手がアップなどをしている間に目を通し、コメントしていく。中谷が言う。「野球ノートにかんしてはやったほうがいいよ、ということを言って僕がやらせてもらっているものです」。監督の高嶋は言った。
 「あれは中谷に任せてます」

 かつての師弟関係は、ともに「教える側」と変化したが、そこにある「信頼関係」は変わらない。中谷自身「高嶋野球を選手たちにかみ砕いて教えていく役目」と言うとおり、長い時間をかけて築いてきた智辯和歌山野球をつねに守りながら、時代に合わせてアップデートしていく、その一環に「野球ノート」はあるのだろう。

 特徴的なのは選手からの質問が多いことだ。一般的に「野球ノート」と言えば、問いかけや檄といったアクションが指導者側からなされることが多い。しかし、智辯和歌山の場合は違う。アクションの主体が、選手側にあるのだ。

【次のページ】 「大多数」対「1」を補う野球ノート

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第192回 02年世代は野手豊作世代だ!まだまだいるスター性を秘めた野手たち【後編】【ドラフト特集】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第807回 ほっともっとで飛躍した逸材たち【近畿大会展望】【大会展望・総括コラム】
第805回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯和歌山vs大阪偕星学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
智辯和歌山vs桐蔭【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
第732回 紀州のスラッガー・林 晃汰(智辯和歌山)「夏こそ大阪桐蔭を打ち崩す」 【2018年インタビュー】
池田 陽佑(智辯和歌山) 【選手名鑑】
西川 晋太郎(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム