第68回 池田高等学校(徳島)2018年02月28日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

練習に打ち込む池田の選手たち

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「自分から取り組む」池田で26年ぶり夏甲子園へ
[2]全力疾走・全力発声の徹底が強み
[3]自分に問いかけ、計画をやり遂げてほしい

「自分から取り組む」池田で26年ぶり夏甲子園へ


■高校野球史に輝く実績残す名門校
 徳島県の西端・三好市池田町にある徳島県立池田高等学校。1922年旧制・池田中として創立され、1949年からの組合立時代を経て1958年に現校名となった。これまで山間部の分校・教室の設立・廃校が数度あり、2017年4月からは三好・辻の両校を「池田高校三好校」「池田高校辻校」として併合している。OBには甲子園優勝投手の畠山 準さん、水野 勝仁さんをはじめとする数多くの元プロ野球選手・アマチュア野球選手の他、一般社団法人日本独立リーグ野球機構会長の鍵山 誠氏も同校のOBである。

■池田野球部の紹介
 1946年に創部され、甲子園春8回・夏9回の甲子園出場。うち春2回・夏1回の全国制覇。甲子園通算42勝とこれまで燦然たる歴史を積み上げてきあ野球部は現在2年生15名、1年生21名の計36名で活動中。26年ぶりとなる「夏の甲子園出場」を目標に校内グラウンドや学校から約3キロほど離れた市営池田球場を使用し、冬場は100メートルを15秒以内に走る1分間インターバル走10本×4セットなどでスピードと体力,精神力を鍛えている。
 現チームのキャプテンは吉田 直樹捕手「単打でこつこつつなぐことができ、守備からリズムを作れ、投手層が厚い」特長をより活かすべく、「全力疾走・全力発声・全力スイングの3つをテーマとし,これに徹底して取り組むことを決意してチームををスタートさせました」と立ち上げ期の状況を話してくれた。

■チームがスタートしてからの思い出深いエピソードは?
 昨秋の徳島県大会は阿南工徳島科学技術を下しベスト8入り。しかし、準々決勝では富岡西との壮絶な戦いの末、延長10回5対6でサヨナラ負け。吉田キャプテンもその試合を「7回終了時点で0対5と負けていたが,8回表に5点を入れて同点に追いついた。正直,完封負けを覚悟していたが,全員でつないで追いついたときは,チームが一丸となった瞬間だった」と、印象深い試合としてあげている。
 結果は敗戦に終わったが「秋季大会が終わってから,チーム全体の雰囲気やまとまりがより一層良くなったし、冬場もただ単にメニューをこなすのではなく,野球のどの動きに繋がっていくのかということを,1つ1つのメニューの中で確認しながら取り組めている」と吉田キャプテン。チーム内の化学変化は富岡西との闘いを通じてより、正方向に進んでいる。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 1年生先発の白川 恵翔,リリーフ役の土井 峻之介,代打・代走で活躍した外野手の山田 直樹,右翼手の川原 廉,二塁手の橋本 倫,1年生遊撃手の榊原 拓夢,1年生で中軸を張った一塁手の小角 翼,三塁手の長尾 啓佑、1年生中堅手の流 銀河,1年生三塁手の武田 幸樹,1年生長身左腕の増井 力翔,蔭ながらチームを支えてきた大東 弘人と、昨秋は多くの選手たちが飛躍を遂げた。
 春に向け、吉田キャプテンは、あえて彼らの名前を再度あげた上で、内野手の岡田 安岐人にも「岡田は誰よりも声が大きく、すごく元気があるのでベンチからの指示を大きな声で伝えてくれると思うし、守備固めとしてもしっかり準備をして、どのような場面でもものおおじしないプレーをしてほしい」と期待を寄せた。

■この冬の意気込み!
 「2年生にとっては最後のオフシーズンとなるので後悔のないように、しっかり鍛えて夏に爆発できるようにこつこつと。弱音を吐かず、自分から進んで練習に取り組んでいきたい」(吉田キャプテン)

このページのトップへ

【次のページ】 全力疾走・全力発声の徹底が強み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
徳島北vs池田【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第2回 昭和~平成を彩った公立校 池田高校 明らかに昭和の高校野球で一時代を形成した“やまびこ打線”の破壊力【公立校特集】
第2回 徳島県高校野球3大ニュース:「振興・復活・創造」への胎動【徳島の高校野球】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
第233回 実力派左腕カルテットや地方に潜む速球派右腕など今年の高校生投手は粒揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
鹿屋中央vs池田【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs錦江湾【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs加治木【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs出水工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田辻 【高校別データ】
池田・更別農・大樹・幕別清陵 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田 【高校別データ】
池田北・能勢 【高校別データ】

プロフィール

寺下友徳
寺下 友徳
  • 生年月日:1971年12月17日
  • 出身地:福井県生まれの東京都東村山市育ち
  • ■ 経歴
    國學院大學久我山高→亜細亜大。
    幼稚園、小学校では身長順で並ぶと常に一番後ろ。ただし、自他共に認める運動音痴から小学校入学時、早々に競技生活を断念。その後は大好きなスポーツに側面から関わることを志し、大学では応援指導部で4年間研鑽を積む。亜細亜大卒業後はファーストフード販売業に始まり、ビルメンテナンス営業からフリーターへと波乱万丈の人生を送っていたが、04年10月にサッカーを通じて知り合った編集者からのアドバイスをきっかけに晴れてフリーライター業に転進。07年2月からは埼玉県所沢市から愛媛県松山市へと居を移し、現在は四国地域を中心としたスポーツを追いかける日々を過ごす。
  • ■ 小学校2年時に福岡からやってきた西武ライオンズが野球と出会うきっかけ。小・中学校時代では暇さえあれば足を運んでいた西武球場で、高校では夏の西東京予選の応援で、そして大学では部活のフィールドだった神宮球場で様々な野球を体感。その経験が取材や原稿作成の際に「原体験」となって活きていることを今になってつくづく感じている。
  • ■ 執筆実績
    web上では『ベースボールドットコム』(高校野球ドットコム、社会人野球ドットコム、独立リーグドットコム)、書籍では『ホームラン』、『野球太郎』(いずれも廣済堂出版)、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)など。『甲子園だけが高校野球ではない2』(監修・岩崎夏海、廣済堂出版)でも6話分の取材・文を担当した。

    さらに野球以外でもサッカーでは、デイリースポーツ四国3県(香川・高知・愛媛)版・毎週木曜不定期連載中の『スポーツライター寺下友徳・愛媛一丸奮闘記』をはじめ、「週刊サッカーダイジェスト」(日本スポーツ企画社)、『サッカー批評』、web『スポーツナビ』など多数媒体での執筆実績あり。また、愛媛県を熱くするスポーツ雑誌『EPS(ehime photo sports)』でも取材協力を行っている。
  • ■ ブログ:『寺下友徳の「四国の国からこんにちは」』■twitterアカウント@t_terashita
    ■facebook: http://www.facebook.com/tomonori.terashita
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム