第80回 宿毛高等学校(高知)2018年03月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

シートノックに臨む宿毛(高知)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]部員9人ながら粘り強い野球で県大会ベスト8入り!
[2]チームにかかせないエースと主将が語る意気込み
[3]自分のために追い込んだトレーニングができるか?

部員9人ながら粘り強い野球で県大会ベスト8入り!


■今年で創立110周年を迎えるキリスト教系私学
 高知県宿毛市にある県立宿毛高等学校。昭和24年に創立され、2014年11月に創立70周年記念式典が行われ、町が誇る伝統校である。過去にプロ野球選手2人輩出しており、明徳義塾のエースとして甲子園に出場した松下建太投手(元西武)の父である松下建夫氏(元広島)、中継ぎを中心に51試合に登板した東和政氏(元西武)がいる。また、元関脇の豊ノ島関も、同校のOBである。

■宿毛野球部の紹介
 現在2年生6名、1年生3名の計9名が在籍。9人と1人でも欠けたら公式戦に出られないので、体のケア・体調管理を例年以上をさせて取り組んできた。普段、取り組んでいる練習の中で最もきついのは、ホームベースからグラウンドを大回りする「大ホームラン」というメニューだ。このメニューによって選手たちの体力を鍛えている。


■チームがスタートしてからの思い出深いエピソードは?
 9人で戦う宿毛。最も印象に残っている試合として、井上拓海副主将は県大会2回戦の岡豊戦を挙げた。試合は延長10回に及ぶ攻防となり、サヨナラ勝ちを決めた。井上副主将は「全員で守り、勝ち取った試合で嬉しかったです」と笑顔を見せる。準々決勝まで戦い抜いた県大会を通して、「周りの人たちのお応援を肌で感じるようになりました」と振り返った。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 そんな宿毛の中心選手は攻守の中心的存在で主将を務める和田倫太郎選手、左腕から130キロ前後の速球を投げ込む谷脇 優哉選手、広角に長打を打てる町田 大空選手、走攻守のバランスがとれ、打率はチーム一の吉岡 海吏選手がいる。春、夏へ向けてのキーマンとして、井上選手は大野 洋平選手、河野 俊佑選手の2名を挙げた。

■この冬の意気込み!
 この冬は体力強化と故障防止のため、ランニングフォームの修正に取り組んできた。早朝練習では 陸上部と一緒に練習をして、ランニング等を指導してもらった。
 チームの目標は夏の高知大会4強以上。このオフで井上副主将は「最後の冬なので悔いのないように、夏につながるように、自分をしっかり追い込んできました」と冬の取り組みを振り返った。

 この春の県大会から「観ている人を感動させる試合」ができるよう、全力で臨んでいく。

このページのトップへ

【次のページ】 チームにかかせないエースと主将が語る意気込み

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第735回 【高知展望】明徳義塾「V9ロード」を止めるのは誰か【大会展望・総括コラム】
第13回 最速148キロ右腕・森木 大智(3年)を育てる中学軟式野球界の名将とトレーニングを紹介!【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第668回 出そろった100回大会・春の高知&徳島大会を総括!【大会展望・総括コラム】
宿毛vs高知工【高知県 2018年 第71回高知県高等学校体育大会】
明徳義塾vs高知【高知県 2018年春の大会 平成30年度春季高知県大会】
第626回 各地で組み合わせが決定!「2018四国高校球春」間近に迫る!【大会展望・総括コラム】
第66回 高知農業高等学校(高知)【冬が僕らを強くする2018】
高知vs宿毛【高知県 2017年秋の大会 高知県秋季大会】
宿毛vs須崎工・高知丸の内・室戸【高知県 2017年秋の大会 高知県秋季大会】
宿毛工vs室戸【高知県 2013年夏の大会 第95回選手権高知大会】
宿毛 【高校別データ】
宿毛工 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム