第51回 加茂高等学校(岐阜)2018年02月23日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スローガンがかかれたツリーをバックに集合写真(加茂)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]人生で一番成長できたと断言できる冬にしたい
[2]秋の悔しさは春、夏で晴らすしかない!
[3]「誰かのために」戦うことのできる強さをこの冬に獲得してほしい

人生で一番成長できたと断言できる冬にしたい


■秋は地区予選を勝ち上がり、県大会出場
 岐阜県美濃加茂市にある岐阜県立加茂高等学校。1911年に創立され、2007年には旧・白川との統合も行われた。社会人野球にスポットを当てた『ルーズヴェルト・ゲーム』などの著作で知られる作家・池井戸潤の出身校としても知られている。野球部は昨秋の地区予選を勝ち上がり、岐阜県大会出場を果たしている。

■野球部の紹介
 現在2年生13名、1年生14名の計27名が在籍。学校のグラウンドは基本的に他部と共用のため、全面を使えるのは週2日程度と制約がある。そのため、KYBスタジアムなどの近隣の球場を借りることで練習スペースの確保に努めている。

■秋季大会を振り返って
 北原 楓大主将は4対4の引き分けに終わった地区予選での美濃加茂戦を挙げた。「9回表二死まで1点をリードしながら、『勝ったな』という雑念が湧いて失点をしてしまった。試合前に持っていた『目の前のことに全力で!』というがむしゃらな気持ちを最後まで維持できなかったことで課題も浮かび上がりました」と理由を説明してくれた。メンタルが試合に大きな影響を及ぼすことを深く感じ取る一戦となった。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 平田 隼大、宮部 隼作、山口 大輝の3名を挙げた北原主将。「平田は守備範囲の広さ、勝負強い打撃で、攻守に活躍を見せました。宮部も守備が安定した選手です。山口は投手として試合を作る能力はもちろん、降板後も伝令でチームに貢献してくれました。彼が伝令に来ると『ピンチを抑えられる』というジンクスがチームに生まれるほどです」とそれぞれ理由を語ってくれた。 

■この冬の意気込み!
 「人生で一番成長できたと断言できる冬にしたいです。そのために『チーム力を向上させる行動をする』、『チームに欠かせない存在となる』、『怪我をしない』ことを常に意識して練習に臨みます。個人としては県No.1二塁手と呼ばれる存在になれるよう、しっかりトレーニングをします!」とチーム、個人それぞれの目標を力強く語ってくれた北原主将。高い意識を持って充実の冬にするつもりだ。

このページのトップへ

【次のページ】 秋の悔しさは春、夏で晴らすしかない!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
長岡商vs加茂農林【新潟県 2018年夏の大会 第100回選手権新潟大会】
成章vs加茂丘【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
第714回 中京学院大中京と大垣日大、県岐阜商の三つ巴状況に帝京大可児も加わるか【大会展望・総括コラム】
第717回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)「同じ岐阜県出身のライバルに負けたくない!」【後編】 【2018年インタビュー】
第714回 岐阜の二刀流・中神拓都(市立岐阜商)高校通算46発の多くは逆方向「逆方向本塁打の極意」【前編】 【2018年インタビュー】
日本文理vs加茂暁星【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
新潟vs加茂農林【新潟県 2018年春の大会 第138回春季新潟県大会】
新潟明訓vs加茂暁星【新潟県 2017年秋の大会 新潟県大会】
第526回 【岐阜展望】波乱の秋から安定の春を経て、夏の激闘へ【大会展望・総括コラム】
第507回 【岐阜展望】伝統校、有力校が抜け出せず混迷状態のなか大垣日大がリード【大会展望・総括コラム】
第96回 【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!【大会展望・総括コラム】
加茂 【高校別データ】
加茂 【高校別データ】
加茂農林 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム