第56回 帝京安積高等学校(福島)2018年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]自分に厳しく、妥協しない冬に
[2]個性が強みのチーム
[3]4点の能力を向上させられるのがキーポイント!

個性が強みのチーム


ランを取り組む帝京安積の選手たち
 

 ここからは帝京安積の副主将を務める石井 海人選手、橋本 陽太選手に話を伺いました!

Q.秋の大会や練習試合が終わって見つけた課題を教えてください。

石井:終盤で集中力が続かず、失点に繋がってしまったことです。
橋本:チーム打率、状況判断力の向上が必要と感じました。

Q.このオフシーズンの目標、強化したいことを教えてください

石井:打撃では飛距離を伸ばすこと。守備では肩力の向上、心構えを含めた基礎の徹底。走塁は単純な脚力だけでなく、より「巧い」走塁が出来るように考え方を磨きたいです。
橋本:遠投力に繋がる筋力UPに取り組みます。また、ベースランニングの技術向上を図り、機動力向上を目指します。

Q. 応援する方々へ自分のここを見てほしいというのを教えてください。

石井:堅実な守備、スピードと巧さのある走塁、そして打撃と走攻守全てを見てほしいです。
橋本:守備での存在感(守備範囲の広さ、守備位置の指示、状況を踏まえたポジショニング)と小技の効く打撃です。

Q.チームの好きなところや、他のチームに負けていないところはどこですか?

石井:チームメイトが持つ豊かな個性です。
橋本:個性的な元気の出し方と全員で喜び合うところが好きです。

Q. このオフシーズン、「自分はここまで成長するぞ!」という熱い意気込みをお願いします!

石井:福島県No.1遊撃手と呼ばれる選手になります!
橋本:この冬に力を付けて、夏、秋と打てなかった悔しさを晴らしたいです。春、夏は僕がチームを県優勝へ導きます!

石井選手、橋本選手、ありがとうございました!

【次のページ】 4点の能力を向上させられるのがキーポイント!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第53回 聖光学院の一人勝ち状態が、いつまで継続されるのか…【福島・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第25回 須賀川高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
第527回 【福島展望】夏11連覇の聖光学院を阻むのは?今年は多くの実力校が集う!【大会展望・総括コラム】
第93回全国高校野球選手権福島県大会開会式【福島県 2011年夏の大会 第93回福島大会】
帝京安積 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム