第56回 帝京安積高等学校(福島)2018年02月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]自分に厳しく、妥協しない冬に
[2]個性が強みのチーム
[3]4点の能力を向上させられるのがキーポイント!

4点の能力を向上させられるのがキーポイント!



階段を駆け上がる帝京安積の選手たち

 ここからは溝井 修一監督に伺いました!

Q. 今年のチームは、新チームが始まってから、どんなテーマを持ってチームを作り上げてきましたでしょうか。

 「野球の原点で勝負する」ことがこのチームには必要と感じました。ただ、技術が未熟な分、色々な知識を植え付けていきました。

Q. 秋の大会の振り返りならびに、冬でのテーマも教えていただけたら幸いです。

 この冬も走ること、投げること、捕ること、打つこと、この4点に集中して練習に取り組みたいと考えています。

Q. 最後に、これから厳しい冬のトレーニングに挑む選手たちへメッセージをお願いします。

 自分の能力をどこまで発展させられるか…ここが勝負です!

溝井監督。そして、帝京安積高校野球部の皆様ありがとうございました!

今年も大好評!【冬が僕らを強くする 特設ページ】
各チームのページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第53回 聖光学院の一人勝ち状態が、いつまで継続されるのか…【福島・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第25回 須賀川高等学校(福島)【冬が僕らを強くする2018】
第527回 【福島展望】夏11連覇の聖光学院を阻むのは?今年は多くの実力校が集う!【大会展望・総括コラム】
第93回全国高校野球選手権福島県大会開会式【福島県 2011年夏の大会 第93回福島大会】
帝京安積 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム