第48回 武庫荘総合高等学校(兵庫)2018年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

打撃練習に取り組む選手たち(武庫荘総合高校野球部)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]全ては夏につなげるために
[2]秋の悔しさは春、夏で晴らすしかない!

全ては夏につなげるために


■地区予選を勝ち抜き、秋16強入り
 兵庫県尼崎市にある兵庫県立武庫荘総合高等学校。旧・武庫荘と武庫工の統合によって2003年に開校した県立校だ。生徒達は特色ある5課程に分かれる総合学科で学んでいる。野球部は昨秋の阪神地区予選を勝ち上がり、兵庫県大会出場。3回戦で後に準優勝を果たす西脇工に1-2で惜敗したものの、16強に食い込む活躍を見せた。

■野球部の紹介
 現在2年生15名、1年生16名、マネージャー3名の計34名が在籍。グラウンドは野球部専用ではなく、他部と共用。そのため、他部の活動が始まる前に、フリー打撃や内外野の連携プレーなどの広いスペースが必要となるメニューを済ませ、制約がある中でも工夫を凝らし、練習に幅を持たせている。

今年のチームが始まって、印象に残っている試合は?
 印象に残っている試合に阪神地区予選決勝・市立尼崎戦を挙げた冨森哉人主将。「勝ち越された直後の10回裏に同点のチャンスを作ったものの、走塁面で及ばず敗れてしまった。勝ち切れなかった悔しさがあります」と理由を語る。同じ尼崎地区のチームに敗れただけに、より一層悔しさが滲む一戦となった。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 平光伴冶、西山健太の2名を挙げた冨森主将。「平光は4番捕手を務める攻守の要です。県大会の初戦では二塁打3本を含む4安打。とにかく好調の平光に回そうと皆から信頼されていました。西山は三塁コーチャーとしてチームに不可欠な存在。監督の次に試合を見渡しているといっても過言ではないですし、チーム全体から絶大な信頼を得ています」とそれぞれ理由を語ってくれた。 

■この冬の意気込み!
 「全ては夏に繋がる」ことを意識して取り組みたいです。フィジカル面ではトレーニングと食事に力を入れ、「体重増加」、「筋力UP」、「体力強化」を目指します。打撃では毎日徹底的に振り込み、「振り負けないスイング」を手に入れたい。また、冬季合宿では基礎的な守備を磨くだけでなく、チーム一体となったメニューをやり切ることで「団結力」を育んでいきたいです!

このページのトップへ

【次のページ】 秋の悔しさは春、夏で晴らすしかない!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第510回 個性派集団をまとめた五常の徳。激戦区・東兵庫を制し甲子園へ 滝川第二(兵庫)【野球部訪問】
第74回 甲子園のお膝元のプライド、報徳学園、東洋大姫路が競い合う中、明石商も台頭【兵庫・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
神戸国際大附vs神戸弘陵【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs須磨翔風【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立尼崎vs県立伊丹【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
市立西宮vs宝塚西【兵庫県 2018年春の大会 平成30年度春季兵庫県高校野球大会】
第10回 神戸中央シニア 有力高校球児を輩出するための育成方法【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第665回 柳野友哉(神戸中央シニア)高い向上心で侍ジャパンの4番を掴んだ男! 【2018年インタビュー】
第57回 尼崎小田高等学校(兵庫)【冬が僕らを強くする2018】
第29回 兵庫工業高等学校(兵庫)【冬が僕らを強くする2018】
智辯学園vs西脇工【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
西脇工 【高校別データ】
兵庫県大附 【高校別データ】
武庫荘総合 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム