第49回 東海大星翔高等学校(熊本)2018年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東海大星翔高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]妥協なき冬の覚悟
[2]誰からも頼りにされる存在へ!
[3]個を伸ばし和を深める

妥協なき冬の覚悟

■あの国民的漫画家もOB
 熊本県熊本市にある東海大星翔高等学校。東海大系列の私立校で、2012年度に東海第二から現校名に変更された。ゴルフ部が強豪として知られ、上田 桃子選手、笠 りつ子選手ら、多くのプロゴルファーを輩出している。また、東海大二時代の卒業生には漫画『ONE PIECE』の作者・尾田 栄一郎さんもいる。

■野球部の紹介
 現在2年生39名、1年生39名の計78名が在籍する大所帯。グラウンドの他にも「バッティング強化スペース」と呼ばれる、スイング可能なスペースやウエイト室なども有している。甲子園は1983年夏に出場実績があり、野球部OBの現役プロ野球選手には松岡 健一投手(東京ヤクルト)がいる

■秋季大会を振り返って
 秋季熊本県大会では3勝を挙げ、8強進出。準々決勝では九州学院と対戦したが、初回に4点を奪われるなど、相手打線に圧倒され、無念の8回コールド負けを喫した。「投打に力の差を感じ、課題がはっきりした試合でした」と振り返る今村 勝生学生コーチ。甲子園を目指す上で、避けては通れないライバル校との戦いのなかでの気づきを冬に活かしていくつもりだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 代走のスペシャリスト・甲斐 一真を挙げた今村学生コーチ。「甲斐が代走に出ると、相手ピッチャーが打者に集中できないほどのプレッシャーをかけてくれます。代走から得点に絡む場面が秋は多くありました」と、活躍を称えていた。

■この冬の意気込み!
 「春以降に飛躍できるよう、一人一人が妥協なく、自分を追い込んでいきます!」と力強く語ってくれた今村学生コーチ。復活の甲子園出場を果たすために、妥協のない冬を過ごす覚悟はできている。

このページのトップへ

【次のページ】 誰からも頼りにされる存在へ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第48回 東海大星翔(熊本)【35年ぶり2回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
大垣日大vs東海大星翔【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第90回 秀岳館旋風から新たな構図も出来て伝統の熊本工に九州学院、文徳も【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第75回 翔陽高等学校(熊本)【冬が僕らを強くする2018】
第61回 水海道第一高等学校(茨城)【冬が僕らを強くする2018】
東海大星翔vs菊池農【熊本県 2015年夏の大会 第97回選手権熊本大会】
東海大星翔 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム