水海道一高校野球部
目次

【目次】 [1]接戦を勝ち切る「粘り強い野球」がテーマ
[2]チームメートの人間性は他のチームに負けない!
[3]死力を尽くして、とことんやり抜け!

接戦を勝ち切る「粘り強い野球」がテーマ


■「常総野の早慶」と例えられる進学校
 茨城県常総市にある茨城県立水海道一高等学校は、1900年に茨城県下妻中学校の分校として創立。1902年に独立して茨城県立水海道中学校となり、その後、幾度かの校名変更を経て1949年に現校名となった。現在は普通科が設置されており、2004年には進学重視型単位制へ移行している。部活動も活発で、毎年5月には各運動部が「常総野の早慶戦」とも呼ばれる定期戦を下妻一高校と行っている。野球部は昨秋、県西地区予選を勝ち上がると茨城大会でも勝利を挙げ16強に進出した。

■水海道一野球部の紹介
 野球部は2年生11名、1年生14名の計25名。「学年の垣根がなく、チームワークが良い」と、相馬 大成主将。今年のチームは接戦を勝ち切る「粘り強い野球」をテーマにスタートしており「接戦に勝つにはやはり強い心が必要なので、人間性を磨くことも非常に重視しています。具体的には『学業などの学校生活をしっかりと行うこと』『真剣に練習に取り組み続けること』の2つを掲げて活動してきましたが、新チームが始まったときに比べると一つひとつのトレーニングの意味を考えて取り組むことができる選手も多くなってきたので、練習の質は少しずつですが良くなっていると思います」と、手応えを感じているようだ。

■今年のチームが始まって、最も印象に残っている試合は?
 秋季大会3回戦の霞ヶ浦戦では、5回まで0対2と我慢強く食らいついていたが、6回にミスとヒットが重なり4失点。そのまま流れを変えることができずに8回コールド負けを喫した。相馬主将は「ランナーをたくさん出してチャンスは何度も作ったものの、結局1点も取れませんでした。チャンスを確実にモノにするために勝負強く、確実性のある打力を付けないと強豪校には勝てないと痛感しました」と、悔しさをにじませながらも、敗戦から新たな課題を見出したようだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 坂本 直起選手は出塁率が高い1番打者として、チャンスメークもランナーを返すバッティングもでき、守備、走塁もそつなくこなす。木村 航大投手は打線の援護に恵まれず失点できない緊張感のなかでも、粘り強いピッチングを見せた。また、相馬主将は、トレーニングリーダーでもある門井 一斗選手に対し「常にポジティブ思考で何事にも明るく全力で取り組んでいるので、とても頼りになる存在。今後も勝利に貢献するプレーや、チームの流れを良い方向へ変えるプレーを見せてくれると思います」と期待している。

■この冬の意気込み!
 この冬はスイングスピードを上げることと体重増加を目標にしている水海道一。「2年生は最後の夏に向けて、やり残したことがないように『完全燃焼の冬』にしたいです」と、相馬主将。そのためにも、「しっかりと自分を追い込んで土台を固め、振り込みやトレーニングをただこなすのではなく、意識を入れて取り組んで春先にはバッティングで成果が出るようにしたい。そして、チーム全体でレベルアップを実感できるよう共に励まし合い、緊張感のなかに充実感あふれる雰囲気で練習して、この冬を全員で乗り越えます!」と、語っている。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。