第45回 奈良北高等学校(奈良)2018年02月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2年生30名でガッツポーズ!奈良北高校野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]「自分改造・人間力を高める」で春の飛躍へ!
[2]一人ひとりが刺激し合い切磋琢磨しているチーム
[3]何をやるかより、如何にやるかが大事!

「自分改造・人間力を高める」で春の飛躍へ!

■校章に北極星と茶筌(ちゃせん)をデザイン
 奈良県生駒市にある奈良県立奈良北高等学校は、2005年に北大和高校と富雄高校を統合して開校。校章には高い志を象徴する北極星と地元の伝統工芸である茶筌(ちゃせん)を図案化したものが採用された。また、現在は普通科と理数科が設置されており、奈良教育大など複数の大学と教育連携協定を結んでいる。野球部は昨年の秋季大会で初戦を突破し、県16強に進出した。
※茶道において抹茶を点てるのに使用する茶道具のひとつ

■奈良北野球部の紹介
 野球部は2年生30名、1年生11名の計41名。「今年のチームは試合後半の粘り強さがあるので逆転勝ちが多く、どの打順からでも得点できる攻撃力がある」と、寺田 翔太主将。そこで、新チームは「一つ上の代から課題だった投手力を含むディフェンス力を向上させ、強いチームを作ること」がテーマとなっている。また、冬の練習では定期的に50m×20本や100m走×10本を走ってタイムを計測するのが恒例で翌日には平均タイムと順位を掲示。さらに、野球部のブログにもベスト20を掲載することで選手のモチベーションアップに繋げている。

今年のチームが始まって、印象に残っている試合は?
「昨夏の奈良大会で先輩方が負けた五條に、秋季大会で雪辱を果たした時、チームが一丸になったと感じました」と、話す寺田主将。しかし、3回戦の智辯学園戦は「打線が完璧に抑えられ、守備のミス等もあり、自分たちの野球をさせてもらえなかった。今までで一番情けなく悔しい試合です」と、0対11で5回コールド負け。そこで、「この夏は智弁学園にリベンジして甲子園へ行きます」と、新たな目標を立てて練習を積み重ねている。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 エースとして毎試合、試合のリズムを作った三橋 航太投手。勝負強い打撃を見せた橋本 拳選手、三井 大志選手、楠木 琉太選手、小林 将悟選手がチームの中心。特に橋本選手について、寺田主将は「パワフルな打撃で長打力も持っているので、春、夏の大会では試合の流れを変えるような特大アーチを打ってほしい」と、大きな期待をかけている。

■この冬の意気込み!
 寺田主将は「この冬の練習の取り組み方次第で、春にどれだけレベルアップできるかが決まってくると思うので、自分を追い込み全力で取り組みたい」と、意気込む。そして、まだ経験したことのない甲子園出場の切符を勝ち取ることで、「奈良北高校野球部の新たな歴史の1ページを作りたい」と、気勢をあげている。

このページのトップへ

【次のページ】 一人ひとりが刺激し合い切磋琢磨しているチーム

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第172回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.16 「プロ注目の強打者・森下翔太、太田椋の最後の夏」【ドラフト特集】
大和広陵vs奈良北【奈良県 2011年春の大会 奈良県春季県大会】
第21回 秋季大会を振り返って(上)~奈良編~【大会展望・総括コラム】
奈良北vs王寺工【奈良県 2010年秋の大会 奈良県秋季大会】
奈良北vs郡山【奈良県 2010年夏の大会 第92回奈良大会】
奈良北vs十津川【奈良県 2009年秋の大会 奈良県秋季大会】
奈良北vs関西中央【奈良県 2009年夏の大会 第91回奈良大会】
奈良北 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム