目次

【目次】 [1]PDCAサイクルを回して日々改善
[2]リーダーたちに聞く今後の目標
[3]監督が語る新チーム作りとメッセージ

PDCAサイクルを回して日々改善


■2016年21世紀枠で選抜出場
 釜石高校は2016年に21世紀枠で選抜に出場し、初戦を突破している。記憶に残っている人も少なくないのではないだろうか。東北の長い冬を越えようとしている釜石高校野球部にこのオフシーズンの過ごし方を伺った。

■毎日校歌斉唱
 現在部員は、1年生10名と2年生10名の20名で活動している。グラウンドは他の部活動と共用で、バッティング練習や試合形式の練習を行うときは調整が必要であり、限られた中でどう練習をするのか工夫を凝らしている。チームリーダーという役職を設け、今年から、リーダーを中心に選手自身でチームの目標や強化方針を考えたうえで、日々のメニューを作成し練習を行っている。特に、攻撃に特化したチーム作りを心掛けているという。「日本一」という目標のために、日々の練習を「試合」と位置付け、毎日部活動終了時には勝利の校歌を歌い練習を締めくくって意識を高めているそうだ。

■PDCAサイクル
 新チームになってからテーマを「選択」と設定し、選手が主体となり練習計画やメニューを決めている。自ら計画した練習メニューをPDCAサイクルで回すことで、練習メニューの改善を図っているという。さらに、新チームになってからターニングポイントとなった試合があると主将の山内 颯太は教えてくれた。それは、秋季県大会2回戦vs一関学院戦だという。
 「新チーム以降、ボトムアップ方式で練習メニューを計画してきた私たちにとって、この試合はこれまでのメニュー選択の良し悪しが試させる場面と位置付けていた(PDCAサイクルの「C」にあたる部分)。これまで、攻撃(打撃と走塁)に力を入れて取り組んできたが、チャンスで1本が出せず、決定力の差が敗戦へとつながった。この敗戦が秋季大会以降のメニュー計画に影響を与えており、より1球の大切さにこだわったメニューを実施している。」と、敗戦をよく分析し、オフシーズンにいいスタートダッシュがきれたと語った。

■地域の方へ恩返しを
 冬場の練習は、降雪等の影響でグランドが使えなくなるため、秋季から冬季にかけて出来る限りボールを使ったメニューを選択し、トレーニングも、野球の動きの中で行うトレーニングを中心に選択してきたという。また、ボールを使ったメニューと並行し、ウェイトトレーニングや食トレにも力を入れ、体づくりにも力を入れている。秋の敗戦から自分たちでメニューを考え、ミーティングから様々な練習を選択しながら厳しい東北の冬を越えようとしている釜石高校の意気込みを、チームを代表して山内主将に伺った。
 「私学を倒し、岩手県大会を制覇することで日頃支えていただいている地域の方々に恩返しをします!」と意気込んでいる。

■チームの中心選手
 骨折しながらも試合に出場し、沿岸南地区予選では決勝タイムリーを放った副主将の金濱 両太郎、2アウト満塁での走者一掃逆転タイムリーを打った打撃リーダー・栗澤 宏輔、秋季県大会2回戦一関学院での力投が光った1年生リーダー・新沼 康生の3名を山内主将は挙げてくれた。

このページのトップへ