第33回 越ヶ谷高等学校(埼玉)2018年02月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

越ヶ谷野球部

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]フルスイング実現のための準備期間
[2]選手に聞いた、打撃向上の意識
[3]辛い冬を乗り越え、レベルアップしたバッティングを!

フルスイング実現のための準備期間

■「助走」の冬を乗り越え、攻撃的野球を目指す!
  埼玉県越谷市にある埼玉県立越ヶ谷高等学校。1926年に創立され、2015年に創立90周年を迎えた伝統ある県立校だ。野球部は昨秋の地区予選を勝ち上がり、埼玉県大会に出場。初戦で市立浦和に1-7で敗戦した悔しさを胸に冬の練習に打ち込んでいる。

■野球部の紹介
 現在2年生16名、1年生19名の計35名が在籍。野球部専用グラウンドは有しておらず、校庭を他部と共用で使用している。全面を使用できるのは週二日のみと制約があるものの、「フルスイング」を信条とした攻撃的な野球を実現するため、日々精力的にバットを振り込んでいる。

■秋季大会を振り返って
 印象に残った試合の一つに越谷市民大会・叡明戦を挙げた酒井 圭太主将。「序盤からお互いに点を奪い合う展開で、リードしていた最終回に追いつかれました。そこからタイブレークで勝つことができ、チームとしても自信になりました」と理由を語ってくれた。


4番に座る茂木 孝恭選手(越ヶ谷)

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 茂木 孝恭選手を推薦した酒井主将。「旧チーム時代から力を発揮していて、夏の大会のレギュラーに食い込みかけた選手です。夏は惜しくもレギュラー入りを逃しましたが、そこから努力をして秋は4番に座ることもありました。打ってほしい場面で一本打ってくれる頼れる存在です」と理由を語ってくれた。

■この冬の意気込み!
 「意識しているのはこの冬の練習が春、夏に輝くための『助走』であること。個人としても、チームとしても抱えている『弱さ』に向き合って、隙のない、弱点のないチームと呼ばれるようになりたいです」と、冬の位置づけ、目指すチーム像を力強く語ってくれた酒井主将。助走を経て、春以降大きく羽ばたく姿が期待できそうだ。

このページのトップへ

【次のページ】 選手に聞いた、打撃向上の意識

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第171回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.15「浦和学院の投打の柱 蛭間拓哉・渡邉勇太朗」【ドラフト特集】
第488回 狭山ヶ丘(埼玉) イメージが支える甲子園への青写真【後編】【野球部訪問】
第487回 狭山ヶ丘(埼玉) 選手同士のミーティングが引き出した高いモチベーション【前編】【野球部訪問】
第648回 明日埼玉県大会が開幕!花咲徳栄vs川越東など1回戦から好カードが続出!【大会展望・総括コラム】
川口市立vs立教新座【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
春日部共栄vs叡明【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第57回 花咲徳栄の全国制覇で浦和学院が追う立場になり、それに数校の強豪校が続く【埼玉・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
市立浦和vs越ヶ谷【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
星野vs越ヶ谷【埼玉県 2016年秋の大会 埼玉県大会】
山村学園vs越ヶ谷【埼玉県 2016年春の大会 春季埼玉県大会】
越ヶ谷 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム