目次

【目次】 [1]過去にはプロ野球選手も輩出
[2]バッテリーに聞く今後の目標
[3]監督が語る新チーム作りとメッセージ


過去にはプロ野球選手も輩出

■めがねで有名な鯖江出身のプロ野球選手
 めがねのまちとして知られる鯖江市。眼鏡フレームの国内製造シェア約96パーセントを誇る。そんな鯖江高校は1915年創立の伝統校として地域住民として親しまれている。過去には、牧田明久(元楽天)や梅田 尚通(元西武)らプロ野球選手を輩出している。そんな鯖江高校が「甲子園1勝」を目標に冬のトレーニングに励んでいると聞き、様子をうかがった。

■毎週末に合宿
 現在部員は1年生7名、2年生15名の22名で活動している。オフシーズン中は室内練習場がないという限定された中、保護者の力を借りて毎週金、土、日曜日に合宿をしている。体育館や近くの西山公園を利用して工夫しながら練習を行っている。3日間の合宿で8部練+白米14合食べきる食事トレーニングをしており、食事はマネージャーだけでなく、保護者にも協力してもらい、栄養バランスも考慮してメニューが組まれている。また、8部練はローテーションで担当3人がメニューを考案し、選手たちがどうしたら強くなれるのか自分たちで考えて練習に臨んでいる。


お母さん達も合宿の昼食のお手伝いをしている様子(鯖江)

■「戦える体に」
 新チーム初の公式戦で敗退を喫し、悔しい思いをした鯖江。主将の末本 祐也はその敗戦をこう分析した。「『戦える体=目標体重=身長-95』と考えてきましたが、その目標をほとんどがクリアすることができず、秋季大会に臨まなくてはいけませんでした。『戦える体』ではなかったんです。」その反省をもとに、秋季大会終了後のまだ暑さの残こる9月からキャッチボール、バッティング練習など、グランドでの練習や練習試合を行わず、春に向けてトレーニングを開始した。おそらく全国で最初にオフシーズンに入ったのは鯖江高校だろう。その成果として、10月から12月の3ヶ月でチーム平均7.5kg体重がアップした。「春には全員が身長-95を達成します!」と末元主将は気合十分だ。

■チームの中心選手
 前年からチームの要である正捕手であり、技術面でも、精神的な面でもピッチャーだけでなく、チームを鼓舞し続けた坂本 竜三郎がキーマンにあげられる。その他には土田 昂樹、酒井 奎佑、牛若 佑征、辻岡 昇悟の4投手を末元主将は挙げてくれた。4枚看板に坂本捕手というバッテリーは、この冬を越えて怖い存在になるだろう。

このページのトップへ