第10回 上田千曲高等学校(長野)2018年01月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

上田千曲の選手たち

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]チームの目標は「県制覇」
[2]心技体」の「心」で勝つ
[3]強く、しなやかな体を作り、感性で行動できるように!

チームの目標は「県制覇」

 ■多くの学科を設置している県下有数の総合専門高校
 長野県上田市にある長野県上田千曲高等学校は1917年に町立上田女子実業補習学校として創立。47年には長野県上田商工学校と合併し、49年に現校名となった。現在は建築科、機械科、電子機械科、電気科、商業科、食物栄養科、生活福祉科が設置されている。野球部は昨秋、東信地区予選を4位で勝ち抜き長野大会に出場を果たした。

■上田千曲野球部の紹介
 野球部は2年生12名、1年生12名の計24名。通常の規模で一面とれる十分な広さを野球部専用の練習スペースとして使用。室内練習場や他部と共用ながらウエイトルームも備えている。また、100段ほどの階段をダッシュして心身を鍛えており、桜井 春希主将は「今年の選手は一人ひとりの意識が高く、誰かに頼らない。だから、粘り強く、心で勝つ野球ができる」と評している。

■秋季大会を振り返って
 長野大会の出場を決めた、東信地区予選の準々決勝・野沢北戦は一進一退の展開。「先に点を取られては、こちらが取り返しての繰り返しで気の抜けない接戦でした。最後は延長までもつれましたがサヨナラで勝利。昨夏、試合に出ていた選手が1人しかいなく、力は無いなかで、なんとか長野大会まで進むことができました」と桜井主将が話す通り、チームは自信を付けたようだ。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 箱田 凌選手は昨年のチームでもレギュラーだった唯一の選手で、チャンスに強い4番打者。小林 隼大投手はピンチでも動揺せずにしっかりと抑えてくれる信頼の厚いエースだ。春季大会では滝澤 絢選手、保屋野 祥吾選手、村松 遙翔選手、滝澤 虹太選手の活躍も見込まれている。

■この冬の意気込み!
 まだ選手の体が小さいため体作りをしながら、自分の体を思い通りに動かせるようにすることが今冬のテーマ。「厳しいトレーニングでも前向きな言葉を掛けながら奮起して乗り越えていきたいです」と、桜井主将。チームの目標である県制覇を目指し、上田千曲はオフシーズンに挑む。

このページのトップへ

【次のページ】 「心技体」の「心」で勝つ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
上田千曲vs田川【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田千曲vs上田【長野県 2018年春の大会 第138回北信越地区高等学校野球長野県大会 中信予選会】
上田千曲vs上田東【長野県 2017年秋の大会 上田市長杯】
丸子修学館vs上田千曲【長野県 2017年秋の大会 上田市長杯】
上田千曲vs下伊那農【長野県 2017年夏の大会 第99回選手権長野大会】
第8回 名門松商学園が支えた歴史に、佐久長聖を中心とした新勢力が絡み合う(長野県)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第176回 【第97回長野大会展望】ノーシードの実力校が偏った混戦必至の長野大会!【大会展望・総括コラム】
上田千曲 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム