第20回 沖縄県立南風原高等学校(沖縄)2018年02月09日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

部員の集合写真(南風原)

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]新監督のもと、選手の意識も変化
[2]ミスをみんなでカバーできるチーム
[3]この冬トレが力になることを信じてほしい!


新監督のもと、選手の意識も変化



外周インターバル走(南風原)

■まずは春季大会で1勝を目指す
 沖縄県島尻郡にある沖縄県立南風原(はえばる)高等学校は1976年に創立。現在は普通科のみで教養ビジネスコース、郷土文化コース、普通総合コースが設置されている。野球部はこのところの公式戦では苦戦が続いているが、春季大会での巻き返しを狙っている。

■南風原野球部の紹介
 野球部は2年生19名、1年生12名の計31名。「上下関係がそこまで厳しくないので下級生がのびのびと野球ができる雰囲気があり、部員同士の仲が良いチーム」と話す伊野 幸一郎主将。「瀬名波監督から生活面を注意され、みんなで『学校生活や練習姿勢を見直そう』という話をして意識が徐々に変わってきた」と新チーム結成時を振り返っている。

■秋季大会を振り返って
 秋季大会では初戦で宮古工に0対2で敗れたが、「新チームとして最初の公式戦で、緊張しながらも楽しく試合ができた」と伊野主将。「引退した3年生が公式戦で1勝も出来なかったので、新チームではまず公式戦1勝を目標に掲げています」

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 城間 陽斗投手はエースとして誰よりも長いイニングを任された。秋季大会も2失点に抑え、練習試合でも数多く登板している。また、常にチームメートを和ませている福里 蓮選手はチームが落ち込んだときもムードを盛り上げてくれる存在だ。

■この冬の意気込み!
 「昨年は、選手権大会、新人戦、秋季大会ともに1回戦敗退なので今年の春季大会と夏の選手権は必ず勝ち上がっていきたい」と意気込む伊野主将。400mのインターバルトレーニングや坂道を使ったダッシュやジャンプで体力、筋力をアップさせ「この冬は春季大会で多く勝てる強いチームになるために、どの高校よりも多く練習し厳しいトレーニングにくらいついていきます。そして、最後の夏に笑顔でいられるように充実した冬トレをしたい」と覚悟を決めている。

このページのトップへ

【次のページ】 ミスをみんなでカバーできるチーム

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第705回 開幕直前!年々レベルアップしている沖縄県を勝ち抜くのは?【大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
前原vs南風原【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第630回 興南躍進のカギは?初戦から強豪校同士の対戦が実現!【後編】【大会展望・総括コラム】
第630回 21日開幕!!沖縄尚学、沖縄水産を追う学校は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第57回 千葉明徳(千葉)「選手のサポートと自立させることも私たちの役割!」【頑張る!マネージャー】
第56回 南風原(沖縄)「選手と一緒に成長できた!これからも必要とされる存在に」【頑張る!マネージャー】
嘉手納vs南風原【沖縄県 2013年秋の大会 秋季沖縄県大会】
南風原vs具志川商【沖縄県 2013年夏の大会 第95回選手権沖縄大会】
美里工vs南風原【沖縄県 2012年 第37回沖縄県高校野球1年生大会】
南風原vs北山【沖縄県 2012年 第62回沖縄県高校野球秋季大会】
南風原 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム