目次

【目次】 [1]私立の強豪校に力負けしないパワーを付けたい
[2]進学校らしく、考える野球では負けない
[3]目の前にある課題に真正面から向き合ってほしい

私立の強豪校に力負けしないパワーを付けたい

■長い歴史を誇る文武両道の名門
 埼玉県さいたま市にある埼玉県立浦和高等学校は1895年に埼玉県第一尋常中学校として誕生。その後、何度かの校名変更を経て1948年に現校名となった。公立校としては国内有数の進学校として知られ、OBには宇宙飛行士の若田 光一氏らがいる。野球部は戦前の浦和中時代に35年と37年のセンバツ大会に出場し、1勝を挙げている。昨秋は南部地区予選を勝ち上がると、埼玉大会でも2勝しベスト16に進出した。

■県立浦和野球部の紹介
 野球部は2年生19名、1年生19名の計38名。菊地 悠太郎主将によると「このチームは秋の埼玉大会に出場することを目標にスタートしました。投手を中心とした守り勝つ野球と、ここ一番の集中力がセールスポイントで、一人ひとりが向上意識を持ち、声を出して良い雰囲気を作ってプレーしています」と話す。

■秋季大会を振り返って
 昨秋の埼玉大会3回戦で埼玉栄に0対4で敗退。菊地主将は「5回まではエースの押谷が好投し0対0でくらいついて行けたので、私立校が相手でも戦えるという自信が付きました。でも、一方で相手投手に完全に抑えられてしまい少ないチャンスも生かせず、1つのミスで点差が開いてしまった」と、反省する。そこで、このオフシーズンでは強豪校に力負けしないパワーを付け、140キロのスピードボールを打ち返すスイングスピードをつける練習に取り組んでいる。

■新チームを引っ張ってきた選手は?
 押谷 翔太投手はエースとして試合を作り、巧みなハンドリングの近江 徹太選手や中井 風雅選手は上手い守備で流れを引き寄せた。また、攻撃陣は勝負強いバッティングで打点はチームナンバー1の上谷 幸太郎選手。1年生ながら4番を務め、良い場面でヒットを打った志田 一真選手。チーム1のパワーで長打を量産した南原 二良選手のほか、高い出塁率を誇る三枝 雅弥選手。秋季大会でドラックバントを4本成功させた菊地主将。粘り強い打撃でピッチャーを揺さぶった小林 竜河選手も活躍。さらに、内野はどこでも守れ、アンダースローでピッチャーも務める井田 聖人選手。打ってからファーストにつくまでのスピードがとても速い近藤 悟選手。いつも大きな声を出し、良い雰囲気を生み出す山岡 晟二選手らにも期待がかけられている。

■この冬の意気込み!
 「秋に負けた悔しさを絶対に忘れず、基礎からしっかりと固めたい」と話す菊地主将。アラウンド・ザ・ワールドと呼んでいるホームベースからレフト、ライトを走って回り、ホームベースに返ってくる厳しい練習を3セットなど「きついトレーニングも元気よく、楽しくやって強い身体を作ること」を目指す。

このページのトップへ