第8回 立命館慶祥高等学校(北海道)2018年01月29日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

立命館慶祥野球部の集合写真

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]強豪を撃破し快進撃を見せた秋
[2]気迫を持って常に戦う
[3]甲子園で勝てる取り組みと努力を

強豪を撃破し快進撃を見せた秋

■日本初のハーバード大学研修プログラムを実施する立命館慶祥!
 札幌に近い、江別市にある立命館慶祥高校。2015年には文部科学省より「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受け、日本初のハーバード大が許可した「立命館慶祥ハーバード大学研修プログラム」を実施した。野球部は今秋、全道大会に出場しベスト8まで進出した。

■甲子園で校歌を歌う
 現在1年生19名、2年生22名、計41名で活動する立命館慶祥野球部。チームのウリは終盤に点を重ねることができる粘り強い攻撃と集中力、そして公式戦を多く経験している2年生が多いことだ。チームの目標は「甲子園で校歌を歌う」こと。史上初の甲子園を目指して厳しい練習に励む。特にきつい練習が「振るトレ」。その内容を詳しく紹介すると、
(1)逆手スイング20本
(2)バットを両手で頭の上に上げた姿勢で股割り5秒×10回
(3)股割りの姿勢で手を握るのと開くのを繰り返す50回
(4)開脚早振り50本
(5)腕立て伏せ20回
(6)ジャンピングラウンジ30回
この6つのメニューを3セットこなす。この練習でスイングに必要な力を養っていく。


バッティング練習(立命館慶祥)

■強豪校を撃破し、進んだ全道大会
 新チームが始まると「チームワークで頂点へ」というスローガンの下、チーム全体で一体感を持ち、お互いにミスをカバーできるようなチーム作りを目指した。そして迎えた秋季大会札幌支部予選札幌第一北海という今春、今夏の甲子園出場校を撃破し、全道大会に勝ち進んだ。全道大会でも北広島釧路明輝に勝利し、3回戦では駒大苫小牧と対戦。結果は5対3で敗れた。この対戦を西田 大駿主将が振り返る。「序盤にエラーで先制点を許し、流れを掴むことができませんでした。気迫が足りなかったなど、気持ちの面で相手に押されていました」。強豪を撃破した喜び、そして駒大苫小牧に負けた悔しさの両方を味わった秋季大会だった。

エースの高塚投手(立命館慶祥)

■活躍した選手は?
 新チームが始まり活躍した選手を西田主将に伺ったところ高塚 純正と鈴木 義人の名をあげた。高塚は135キロ前後の速球、切れ味鋭い変化球をコントロールよく投げ分ける右の本格で、練習試合、公式戦を含め常に安定した投球を見せた。鈴木は一番打者として、高い出塁率を残し、核弾頭の働きを見せた。さらに俊足で、守備範囲が広いセンター守備も注目だ。来春、夏のキーマンには橘井 光、正田 麦、鈴木 義人の3人。橘井は右腕から投げ込む速球はエースの高塚以上で、最速140キロ近い球速とボールのキレがある。西田主将は「安定感・スタミナをアップして、先発完投を目指してほしい」と期待している。また正田は恵まれた体格から鋭い打球を飛ばすスラッガーだ。

■チームワークを高め甲子園へ
 冬の期間、雪が降るため、グラウンドは使えなくなる。そのため基礎練習で自分達を追い込み、個人の能力アップに努める。西田主将は「厳しい練習の中で、仲間と声を出し合いながら乗り越え、さらにチームワークを高めていきたいです」と意気込んだ。

このページのトップへ

【次のページ】 気迫を持って常に戦う

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第48回 駒大苫小牧の連覇から10年、北海の準優勝で新時代到来【北海道・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
駒大苫小牧vs立命館慶祥【北海道 2017年秋の大会 第70回秋季北海道高校野球大会】
第22回 大きく、高校野球の歴史と意識を変えた駒大苫小牧の連覇(北海道)【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
立命館慶祥 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム