第18回 寒い冬!免疫力を上げる食事のポイント!2019年02月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]免疫力の鍵はほぼ腸にあると思っていい
[2]やっぱり欠かせない野菜や果物

 寒い日が続いてますね。朝晩は冷えこみが激しく、そんな中練習に励む選手たちを見ては、自分自身も頑張らねばと刺激をもらっています。読者の皆様もご自愛ください。

 インフルエンザも大流行している中、免疫力を上げれなければ、身体は弱って感染しやすくなってしまいます。そんな中、悩みの相談で多いのが、「風邪気味です」「熱が出ました」「インフルエンザになりました」といった選手の声です。

 体調を崩してしまっては、練習もしっかり積めないので困りますよね。特に冬の身体作りの時期は大ダメージです。少しでも良いコンディションで練習する為にも免疫力を上げていきましょう。

 今回は、「寒い冬!免疫力を上げる食事のポイント!」を解説をしていきます。

免疫力の鍵はほぼ腸にあると思っていい



い菌をたくさんもつ発酵食品を摂ろう!

 免疫力を担っている細胞の多くは腸に存在します。腸内環境を整えておくことは、免疫力アップのためにとても大切です。便秘気味という方や逆に緩いという方などは、腸のバランスが崩れて、免疫力低下のリスクも。腸内をきれいにするための食事を取り入れていくことが1番のポイントです。

腸内をきれいにするポイント
①しっかり水分をとること
 冬場で寒いからと水分摂取が少なくなる選手が多いです。冬場でも水分は身体からなくなります。しっかりこまめに水を飲む習慣をつけましょう。運動する前は、250mlくらいのお水は朝から少しずつ飲んで身体に入れていきましょう。

②発酵食品を摂ること
 良い菌をたくさんもつ発酵食品。漬物、キムチ、ヨーグルト、チーズ、味噌などの発酵食品を日々の食生活で摂っていきましょう。いい菌を入れることによって腸が活性化されていきます。

③食物繊維
 発酵食品を摂ったのならば、その菌をしっかり増やしていけるようにエサとなる食物繊維をセットで摂っていきましょう。野菜や果物や海藻類やキノコ類に多く入っています。すごく不足しがちな栄養素です。意識できるか出来ないかで、腸内が決まってきますね。

精製されていない食品
 精製されている砂糖や白米は精製される前のものに比べると、栄養素が失われています。免疫強化にはたくさんの栄養素が必要です。

 例えば、白米は美味しいですが、ほとんどがでんぷん質です。タンパク質、ビタミン、ミネラル 多く含んだ玄米や、胚芽米(5分つきから7分つき米)などに主食を変えていくのもいいかと思います。

 また白米なら雑穀米を食べたりするのも良いですね。有名強豪校ではアスリートブレンドした雑穀米を摂取してます。
 砂糖もなるべく、上白糖ではなく、精製の少ないキビ砂糖や黒砂糖や甜菜糖などを使用することをオススメします。

【次のページ】 やっぱり欠かせない野菜や果物

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第23回 試合に出れる選手や結果を出せる選手に共通していること【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第23回 夏のストレスから身を守る抗酸化成分!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第20回 球児必見!クエン酸は運動中のドリンクに最適!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第19回 花粉症対策術!体質改善のための4つのポイント【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第17回 怪我を早期回復させる為に必要な食材!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】

プロフィール

久保 翔平
久保 翔平
  • 生年月日:1992年4月12日
  • ■ 広島県呉市出身
  • ■ 明徳義塾中-浦和学院ー東洋大学。第90回全国高等学校野球選手権大会出場。
  • ■ 不動産営業を経て、2016年にカラダツクル株式会社設立
    プロ野球選手やプロアスリートの栄養指導を行いながら、小・中・高校生の食育活動にも力を入れている。講演、セミナー活動も行なっており栄養や食の大切さを伝えている。プロテインサプリメントの販売も行なっている
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム