第13回 判断力を上げるのにオススメの食材!2018年09月25日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]アスリートに必要なものとは
[2]イライラするのはカルシウムが足りない?
[3]大事な決断の前は、アーモンドとバナナ!

 前回は、「身長を伸ばすために必要な栄養素」について説明をしました。今回は、「判断力を上げるのにオススメの食材!」を解説していきます。野球は非常に判断する場面が多いスポーツです。天候やグラウンド状況が目まぐるしく変わっていく中でたくさんお判断を瞬時に求められます。その時に事前に何を口にしてコンディションを整えておくかは重要ですよね。今回は、大事な決断をする前に摂取しておくと良い食材などを解説していきます。

アスリートに必要なものとは



野菜にはビタミンなどの栄養が豊富に含まれている

 みなさんは、は昨日のお昼ご飯で、何を食べましたか?覚えている人はどれぐらいいるでしょうか。すぐに思い出せない人は、なんとなく食べているのかもしれません。しかし昨日食べた食事は、今日のみなさんの「身体の材料」になっているのです。

 私は現在、数多くのアスリートやチームを栄養面からサポートしています。2016年から選手に帯同して食事のサポートをしたり、一緒に練習しながら選手の体調を肌で感じてきました。そのなかで、自分に合った食事を見つけたことで、大きく飛躍した選手を何人も育て、その中でたくさんの気づきを得ることができました。

 アスリートは自分の身体を非常に大切にしています。選手たち(トップアスリート)は試合が常に調子の良い状態で迎えられるわけではないことを知っているからです。試合とは、自分以外の誰かが日程を決めます。だからこそ、試合に自分を合わせてコンディションを整え、状態を上げていくことが大切なのです。

 最近はメンタルトレーニングが人気で高校野球の現場でも多く取り入れていることがありますよね。でも、それだけでは十分ではありません。脳の神経細胞や神経伝達物質を作る材料が足りなければ、思ったようにはいきません。

 では、脳が正しく働くためには、どのような栄養素を取ればよいのでしょうか。

【次のページ】 イライラするのはカルシウムが足りない?

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第14回 カラダが栄養素を効率よく吸収するための組み合わせ!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第12回 野球選手のカラダをツクル!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第11回 暑さに打ち勝て!夏バテ必勝法!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第10回 梅雨の体調不良の原因・対策を解説!【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】
第9回 足のつりで後悔を残すな!原因やメカニズムを解説【元強豪校球児の野球選手のカラダをつくる栄養講座】

プロフィール

久保 翔平
久保 翔平
  • 生年月日:1992年4月12日
  • ■ 広島県呉市出身
  • ■ 明徳義塾中-浦和学院ー東洋大学。第90回全国高等学校野球選手権大会出場。
  • ■ 不動産営業を経て、2016年にカラダツクル株式会社設立
    プロ野球選手やプロアスリートの栄養指導を行いながら、小・中・高校生の食育活動にも力を入れている。講演、セミナー活動も行なっており栄養や食の大切さを伝えている。プロテインサプリメントの販売も行なっている
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム