第12回 U18を終えて 増田珠(横浜)「諦めず、自分のスタイルを貫けば、必ず報われる 」2017年09月12日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

増田珠(横浜)

大会が終わってもプロ志望という思いは変わりません

 今大会は打撃面でだいぶ苦しんできました。試合に出られない間は大きな声を出して盛り上げることしかできないので、前向きな言葉をかけることをずっと続けてきました。

 また選手間ミーティングを提案したのは自分ですが、自分からというよりも、主将であるキヨ(清宮 幸太郎)が主導になってやってもらうほうが、チームにとって良かったので、キヨに声をかけて、やってもらいました。日本はまとまりがあってこそのチームなので、最後は本当にまとまりがありましたし、今日が最後なのが本当に寂しいと感じるようなチームでした。

 大会が終わってもプロ志望という思いは変わりません。海外のレベルの投手と対戦できて、良い意味で不安になりました。プロはそう簡単に甘くないということ。それを実感することができましたし、プロに入ることとなれば、これ以上の投手と対戦することが当たり前になります。自分は勘違いせずに済みましたし、プロを見据えての練習や体作りに励むことができると思いました。

 国際大会の良いところは今回のようにアメリカでドラフトにかかるような凄い投手と対戦できることです。そういう投手と対戦できたのは自分の野球人生にとって財産となりました。

 後輩たちに伝えたいこと。それは結果が出なくても諦めないことです。そして自分のスタイルを貫くことですね。こんなに打てない期間は初めてでしたが、自分のスタイルを貫き、諦めずにやってきたことが最後、2安打を打ったことにつながったと思います。2安打打てた時は気持ちよかったですし、みんなも最後まであきらめずにやってほしいと思います。

 日本に帰って、藤平 尚真さんに連絡取りたいです!プロ2勝目あげた時は、ちょうどカナダにいるときですが、今の自分を見たら、連絡を取るのが申し訳なかったので。早く藤平さんに会いたいです!


▼そんな増田選手の動画インタビューはこちら
【動画インタビュー】増田珠(横浜・侍ジャパンU-18代表)


注目記事
第28回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ 特設サイト

このページのトップへ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
侍ジャパンU-18日本代表vsオーストラリア代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18日本代表vs韓国代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vsパナマ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
侍ジャパンU-18代表vs台湾代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第184回 初めてのシーズンが終了!清宮ら高卒組の1年目はどうだった?【ドラフト特集コラム】
第1回 横浜高等学校(南神奈川)【3年連続18回目出場】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第147回 清宮幸太郎に続け!今年の高卒1年目野手はハイレベル!【ドラフト特集コラム】
第617回 2017年の高校野球の1年は?全主要大会の結果を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第614回 U-18では堀劇場でアジア制覇に貢献した堀瑞輝!トップチームでは初登板初勝利!【大会展望・総括コラム】
第593回 増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」 【2017年インタビュー】
第580回 磯村峻平(中京大中京)「世界大会の好投でつかんだ自信」 【2017年インタビュー】
第578回 増田珠(横浜)「次はトップチームで侍ジャパンのユニフォームに袖を通すことができる選手に」 【2017年インタビュー】
第577回 清宮幸太郎(早稲田実業)「次のカナダ戦は高校最後の真剣勝負!力を出し尽くしたい」 【2017年インタビュー】
第576回 中村 奨成(広陵)「世界一へ、チームに勢いを与える豪打を」 【2017年インタビュー】
侍ジャパンU-18日本代表vsカナダ代表【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
増田 珠(横浜) 【選手名鑑】
横浜商 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム