第130回 3年生座談会 県立菊池高校(熊本)「新監督と共に再スタートをした菊池高校」【前編】2018年04月08日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]マイナスから始まったチームの始動
[2]新監督と共に再スタートをした菊池高校
[3]快進撃を見せた春季大会

快進撃を見せた春季大会

――そして処分が解け、試合ができるようになりました

依田:やっと野球ができる、と。試合に出れる喜びです。本当にうれしかった。

後藤::あの時期はずっとワクワクしていました。練習にも身が入りました。



座談会参加に参加してくれた3年生

――また、チームの質を高めるため、パートごとのリーダーを決めたと聞きました。

芹川::主将、副主将のほか、バッテリーリーダーが河津、内野リーダーが後藤、外野リーダーが依田です。自分はプレーで周りを引っ張るタイプで、口でまとめるタイプではないんです。チームの意識をひとつにするために、リーダー制度は良かったです。

河津::リーダーが各ポジションごとに細かく見ることで、チームの結束は固くなったと思います。

依田:仲が良すぎて監督から「仲良しクラブか」と注意されたぐらい、結束は固いです(笑)
 冬を越え、迎えた5月のNHK旗。25年ぶりに出場すると快進撃が続き、なんと決勝まで勝ち進み準優勝でした。

芹川::ベスト8を狙っていたので、自分たちでも驚きました。地道にやってきた練習が間違っていなかったんだと。正直、こんな勝てるなんて思わなかった。

宮本:決勝で当たった九州学院は、やっぱり強かったです。甘く入った球は全て持っていかれた。力の違いを感じました。

坂本:勝ったことが信じられなかった。自分たちの力が本当についているんだな、と。感激しました。

河津::秋の大会は2回戦で負けたのに、決勝まで勝ち進めた。野球に対する意識がさらに強くなりました。勝つことへの気持ちが強くなりましたね。

依田:公式戦で勝ち進んだこと自体、初めての体験でした。勝ち負けは気にせず、いつも通りやろうと思ったのが良かったのだと思います。

(取材・いとうりょう)

■関連記事【僕らの熱い夏2017 特設ページ】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第938回 3大大会の優勝校はすべて変わる混戦模様の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第73回 圧倒的実力地区は浪商、PL学園時代から、大阪桐蔭と履正社の時代へ移行【大阪・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
東海大星翔vs菊池農【熊本県 2015年夏の大会 第97回選手権熊本大会】
菊池 【高校別データ】
菊池農 【高校別データ】
PL学園 【高校別データ】
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム