集合写真(佐渡)
目次
[1]再び甲子園に
[2]全員の力を集結させる
[3]最後の最後まで成長し続ける

再び甲子園に

■2011年に21世紀枠として甲子園出場!
 新潟県西部にある佐渡島。佐渡島にあるのが、佐渡高校だ。2016年に創立120周年を迎えた同校は、2008年に野球部は選手権新潟大会の決勝まで進み、惜しくも敗れたものの、2011年に21世紀枠としてセンバツ大会に出場した。再び佐渡から甲子園へ。ナイン、首脳陣は夏の大会に向けて、日々、練習に励んでいる。

■貪欲に勝ちをとりにいく
 各学年10人ずつの計30人で活動中の佐渡野球部。プロ注目右腕・菊地 大稀を筆頭にピッチャーが充実している。濱田 明優主将は「力があるわけではないので、貪欲に勝ちをとりにいくチームです」と語った。目標は「甲子園」。2011年以来の出場を目指し、日々練習に励んでいる。

■力の差を感じた試合
 新チームは隙の無いチーム、そして全力疾走をテーマにスタートした佐渡野球部。濱田主将は印象に残っている試合に秋の大会での佐渡総合戦。「力の差で負けた試合でした。1学年上のチームではほとんど負けていなかったが、コールド負けをしました」と話した。
この悔しさを晴らすため、オフシーズンは食トレとウエイトトレーニングを行ってきた。

■注目の選手は?
 このチームの柱はエースの菊池 大稀だ。毎試合0点~2点以内に抑えてくれると濱田主将。さらに夏のキーマンには田村 英士を挙げた。「センスの塊で、足が速いです」。この夏は1番バッターとして出塁し、相手をかき回す姿に注目だ。

■笑って終わりたい
 夏に向け「甲子園出場」を目指し、力ではない部分の徹底をテーマに練習している佐渡。「笑って終わりたいです」と濱田主将。再び甲子園に行く準備はできている。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。