試合風景(糸魚川白嶺)
目次
[1]強敵に善戦!夏はリベンジだ
[2]大事なところで一本を
[3]状態は良好。夏へメンタル面の強化を

強敵に善戦!夏はリベンジだ

■糸魚川といえば
 新潟県立糸魚川白嶺高等学校は、その名のとおり新潟県立糸魚川市にある公立校。「糸魚川」と聞けば、学校で地理を学習している球児などは、日本列島を東日本と西日本に分断する「フォッサマグナ」を連想するかもしれない。糸魚川という地名はこのフォッサマグナとの関連で全国に広く知られているが、実は、糸魚川という名前の川はない。糸魚川市に流れる、「糸魚川」と呼ばれる川は、実際は「姫川」だということだ。雑学として知っておくと面白いかもしれない。

■糸魚川白嶺はどんなチーム
 糸魚川白嶺の野球部は、かつては「糸魚川商工」という校名だった時代、1970年代に春1回、夏2回の甲子園出場を果たした歴史を持つチームだ。2017年夏の大会に臨む現在のチームは、3年生16名、2年生4名、1年生9名の計29名という構成だ。昨年チームが発足した時は、「まずは秋の大会で16強、数年前の8強を超えることを目標にした」と語るのは副主将の寺﨑 優也選手。惜しくも県大会の初戦で散ったものの、地区予選決勝(レポート)では5点差をひっくり返す大逆転劇もあった。

■強敵相手に好ゲーム
 しかしその試合よりもチームにとって大事な試合となったのが、冬が明けて迎えた春季大会の4回戦、強豪・日本文理との一戦だ。これに勝てば8強だが、相手が格上なだけに、「チームの8割くらいの人が負けると思っていた」と寺崎選手はその試合前の心情を語る。しかしその予想に反して試合は拮抗した展開を見せ、試合が進むごとにチームは「いける」というムードに。最終的には1対0で退けられるも、強豪相手にここまでやれたことは確かな自信になった。加えて、敗戦後、「部員全員が悔しそうな表情をしていたので、負けると思っていながら、本当はみんな勝ちたい思いがあったんだと感じ、このチームは絶対にまだ強くなると思った」と寺崎選手はいう。

■チームを引っ張っていくのは
 ここまで活躍を見せてきたチームの中心選手は、安定した投球で勝利を導く穂苅 海斗投手。そして走攻守3拍子揃う、勝負強い打撃が武器のプロ注目遊撃手、綱島 龍生選手の二人だ。さらに主将の小田 昇哉選手と副主将の寺崎選手のプレーが、この夏のチームを引っ張っていくことになるだろう。さらに、打席に入ったときに、一度大きな声を出すルーティンを持つ塩入 康平選手もぜひ見てほしい。

■夏の目標は
 夏の大会に向け、今度こそ「打倒日本文理」を掲げ、個々のレベルアップを図っている糸魚川白嶺ナイン。大会前の1週間は、「100本ノック・100本ダッシュ」をいつも行っているらしく、7月10日の初戦に向け、おそらくそのメニューが始まる頃だろう。寺崎主将は「あくまで目標は甲子園ですが、まずはベスト8に入ってHARD OFF ECOスタジアム新潟で試合がしたい」と語る。春のリベンジを果たす、充実した「夏」にしてもらいたい。

このページのトップへ

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。